FISHING ITEM

渓流のウェーディングスタイル!水に浸かりたくなる装備とは?

釣り上がりを基本とする渓流釣りでは、対岸に移動したり奥のポイントを狙うために川に入り込むことがあります。水に浸かるための装備を整えることで、遡行時の安全性が向上し快適な釣行ができるようになります。狙うポイントも幅広くなります。ネイティブな渓流釣りでのウェーディング対策は必須になるので、ぜひ準備することをおすすめします。

渓流釣りでは、歩きやすい岸をず〜っと移動できるとは限りません。ときには、川に入り込んで回避することが必要になります。また、「川に入り込めれば、奥の好ポイントへ届くかも」という場面もあります。ウェーディングの装備をしないとこのような状況に対応できません。

  • BAD.1

    川の中を安全に歩けない

  • BAD.2

    冷水により体が冷える

  • BAD.3

    水濡れや蒸れによる不快感

また、川に入り込んだとしても、上がったときに水濡れや蒸れで不快になったり、川底で滑って転倒したり危険が伴います。釣り上がる渓流釣りでは、快適に釣りをするためにもウェーディング装備は必要不可欠です。

ニャンきち
ニャンきち
水に濡れると、体が冷えたり蒸れたり不快になるニャ!

02
ウェーディングスタイル

Wading Style

渓流釣りでは、対岸に行くために川を横切ったり、より奥のポイントを狙うために川の中に入り込むことがあります。これを「ウェ−ディング」といいます。このウェーディングには、主にウェーダーとゲーターの2つのスタイルがあります。釣り上がりをメインとする渓流釣りでは、ウェーディング対策は必要不可欠と言えます。

スタイルの種類

  • STYLE.1

    ウェーダースタイル

  • STYLE.2

    ゲータースタイル(ウェットスタイル)

この2つのスタイルには、それぞれ特徴があります。特徴を理解して自分の釣行に最適なスタイルを選ぶようにしましょう。

ニャンきち
ニャンきち
川に入り込めるようになると狙えるポイントも増えるニャ!

03
ウェーダースタイル

Wader Style

ウェーダーは、防水機能を備えた水に濡れないスタイルです。浅瀬からある程度の深場まで、水の中に入り込むことができます。防水により水に触れないので、長時間の水に浸かった状態での釣行や低水温による冷えから体を守ってくれます。

水に濡れないスタイル

  • POINT.1

    浅瀬から深場まで入り込める

  • POINT.2

    長時間の水に浸かった釣行ができる

  • POINT.3

    低水温による冷えから守る

ウェーダーは、基本的にオールシーズン対応することができます。水温が低い季節には防寒としても活用できます。本流の深場による長時間の釣行や障害物を回避など、幅広く活躍します。夏場は、汗をかいてしまうので蒸れが生じるので、透湿性に優れたウェーダーを選ぶとより快適になります。

04
種類

Wader Type

ウェーダーの種類は、主にストッキングタイプとブーツタイプの2タイプがあります。

ストッキングタイプ

ストッキングタイプは、ウェーディングシューズを別で用意する必要があります。履き心地がよくフィット感に優れたシューズを履けるので、歩きやすく疲れにくいです。歩行のしやすさは安全にもつながります。歩行移動が多く長時間の釣行におすすめです。

  • POINT

    足元が靴下の形状になっている

ブーツタイプ

ウェーディングシューズを別で用意する必要がないのでコスパがよいです。フィット感や履き心地は、ウェーディングシューズに比べると劣るので長時間の釣行には向いていません。歩行移動が少ない釣行や、ポイントまでクルマ移動をメインとする釣行におすすめです。

  • POINT

    ウェアとブーツが一体化している

個人的には、ストッキングタイプがおすすめです。渓流釣りは、岩場など悪路を歩くことが多く、その環境下で足が疲れにくいことは大きなアドバンテージになります。ウェーディングシューズを用意することで、ゲータースタイルにも対応が可能になります。

05
丈の長さ

Weader Length

ウェーダーの長さは、主に3タイプあります。

チェストハイウェーダー

胸元まで防水でき、深場に対応できる

ウエストハイウェーダー

腰辺りまで防水でき、そこそこの水深に対応できる

ヒップウェーダー

足の付け根辺りまで防水でき、浅瀬に対応できる

幅広い水深に対応したいのであれば、チェストハイウェーダーを選んでおくと安心です。ウエストハイウェーダーは、ズボン感覚で着用できるので使い勝手がよく、そこまで深場を移動しないのであればおすすめです。ヒップウェーダーは、浅瀬にしか対応できませんが、その分コンパクトに持ち運びができます。

06
ゲータースタイル

Gator Style

ゲーターは、防水機能はなく水濡れを前提としたスタイルです。ウェーダーに比べ身軽に動くことができ足を守ることができます。ウェーディングシューズへの砂の流入も防いでくれます。水を通すので蒸れることがなく、適度に足が冷やされ快適に釣行できます。そのため、水に長時間浸かる釣行には向いていません。足が冷えすぎたり、ゲーターが外れやすくなり安全な釣行が難しくなります。

水に濡れるスタイル

  • POINT.1

    身軽に動ける

  • POINT.2

    蒸れずに適度に足が冷やされる

  • POINT.3

    夏の暑い季節に最適

ゲーターは、蒸れにくく足を適度に冷やしてくれるので夏の暑い季節におすすめです。

07
種類

Gator Type

ゲーターは、ソックス一体型と分離型があります。好みで選びましょう。

ソックス一体型

  • POINT.1

    一体型なのでコスパがよい

  • POINT.2

    着脱が面倒になりがち

ソックス分離型

  • POINT.1

    別でソックスを用意する必要がある

  • POINT.2

    着脱がカンタンでスムーズにできる

08
組み合わせ

Gator Combination

夏の暑い季節の釣行では、ゲーター、ネオプレンソックス、ウェーダーシューズの組み合わせがおすすめです。ネオプレンソックスは、厚みがあり保温性やクッション性に優れるので靴擦れの防止にもなります。

夏の組み合わせ

  • スタイル

    ゲーター

  • ソックス

    ネオプレンソックス

  • シューズ

    ウェーダーシューズ

その他にも、状況にもあわせて速乾タイツやボトムウェアの上に装着するのもよいです。クッション性がアップし、ウェアを擦れなどのキズから守ってくれます。さまざまな組み合わせを試して、自分のお気に入りのスタイルを探してみましょう。

09
おすすめウェーダー

Wader List

表生地に防水透湿素材ドライシールドを搭載!ブラック系のデザインがカッコいい!

擦れやすい膝部と尻部の生地を二重にすることで、耐久性をアップさせています。撥水性も高く全魚種対応で幅広く活用できます。

タイプ チェストハイ / ストッキング
素材 防水透湿
サイズ M

耐久性に優れた3Dソックス!オリジナルデザインで高い耐久性と動きやすさを実現!

縫い目にカーブを付けたオリジナルデザインが耐久性と動きやすさを向上させています。細かいサイズ選びで体格に合わせやすいウェアです。

タイプ チェストハイ / ストッキング
素材 防水透湿
サイズ M 〜 XXL

渓流のタフな使用に耐え、擦れに強いウェーダー!中はベタツキを最小限に抑えるスーパーメッシュ仕様!

ブーツは歩くときに曲がりやすく、機動性に優れています。紫外線にも強い素材で、高い耐久性を備えたウェーダーです。

タイプ ウエストハイ / ブーツ
靴底 フェルト
サイズ S、M、L、LL、3L

浅瀬でのウェーディングやブーツとして活用できる!ショートタイプで優れた機動性!

ヒップウェーダーよりも短いショートタイプで動きやすく、水の中に入り込まない浅瀬でのウェーディングに活躍します。浅瀬でも長靴では浸水が心配なときにぴったりです。

タイプ ヒップ / ブーツ
靴底 ラジアル
サイズ M、L、LL、3L

10
おすすめゲーター

Gator List

パンチ加工されたクロロプレンで内部に水が溜まらず快適にウェーディング!

水に浸かって上がると水が素早く引くので、水が溜まる不快感がありません。夏の釣行に使いやすいゲーターです。

タイプ ソックス一体型
サイズ M

擦れやすいヒザに特殊生地を採用し、耐久性をアップ!着脱しやすい、面ファスナー仕様!

クロロプレン採用により、軽量性、保温性、フィット感を追求しています。ウェーディングシューズの上に重ねることで、砂の流入などを防いでくれます。

タイプ ソックス分離型
サイズ S、M、L、LL

軽量で高いフィット感!人気のエアリスタシリーズのゲーター!

平均重量がわずか296gの軽量なゲーターです。フィット感に優れ、持ち運びもコンパクトに収納できます。

タイプ ソックス分離型
サイズ M

11
あわせて用意したいネオプレンソックス

Sox

ストレッチ素材で優れたフィット感!厚みがある生地で足の保温・保護におすすめ!

ウエット生地で高い保温性をを備えているので、さまざまなアウトドアスポーツにおすすめです。足底には滑り止め加工が施されています。

素材 ネオプレン
サイズ S、M、L、XL

高弾性の3mmネオプレーン素材で柔らかく履きやすい!長時間の歩行も快適!

優れた耐久性と頑丈な生地を採用しているので、安心して履くことができます。渓流釣りをはじめ、沢登りや水遊びなど幅広く活用できます。

素材 ネオプレン
サイズ S、M、L、XL

12
まとめ

Summary

ウェーディングスタイルは、それぞれ特徴があります。季節や歩行距離、水に浸かる時間など、自分の釣行にあったスタイルを選ぶと快適に渓流釣りができます。遡行するときは、転倒や深場に気をつけ慎重に歩くようにしましょう。

ジョン
ジョン
夏はゲータースタイルが、ひんやりしておすすめだワン!
ニャンきち
ニャンきち
ウェーディングシューズも要チェックだニャ!
ティーチャー
ティーチャー
このページにでてきた用語のおさらいでやんす。覚えてるでやんすか?
ティーチャーの用語チェック
ウェーディング 川や海に水に入り込むこと
関連記事