FITNESS

ヨガを始める前に!初心者が知っておくべき6つのこと!

ヨガは、ポーズ、呼吸法、瞑想の3つの要素によって、リラグゼーションや代謝アップなどさまざまな効果をもたらしてくれます。しかし、始める前に大切なポイントを知っておかないと、ヨガ本来の楽しさや効果を体感するのが難しくなってしまいます。ぜひ、ポイントを知って快適にヨガを楽しみましょう。


ヨガはポーズによって筋肉や内蔵を刺激するので、体のコンディションはとても大切です。冷えを感じたり、関節などに痛みを感じてしまうとヨガに集中することができずリラックスできません。

  • 床が冷たくて冷える
  • 関節周りが動きにくい
  • お腹が満腹で体に負担がかかる

手足が動きにくい服装だと動きづらくポーズがキープしにくいので、ヨガの心地よさを感じることができません。ヨガを始めるときは、しっかり準備して行うようにしましょう。

02
準備するものって?

Preparation

床に敷くヨガマットは必須

ヨガを始める前に、ヨガマットを必ず用意しましょう。ヨガマットは、滑り止めや吸湿性、クッション性などに優れヨガに欠かせないアイテムです。安定してポーズがキープできるのでケガのリスクが減り、安全にヨガを楽しむことができます。床は冷えやすいので、マットがあると体の冷えも抑えることができます。デザインや厚さなど、さまざまなヨガマットがあるのでお気に入りのマットを購入するとよいです。

ヨガマットのおすすめや選び方!素材や厚さはどうすれば? ヨガマットは、優れたクッション性やグリップ力でポージングを安定させてくれる必須アイテムです。ヨガマットでヨガをすることで、血流や...

ヨガラグがあると便利

ヨガラグは、ヨガマットの上に敷きます。ヨガラグはお手入れが簡単で、ヨガマットの汚れを抑え清潔に保つことができます。持ち運びにも優れているので、スタジオレッスンで使用するレンタルマットの衛生面が気になる方にもおすすめです。

ヨガラグのおすすめや選び方!おしゃれで滑らないのは? ヨガラグは、ヨガマットの上に敷くタオルのことをいいます。ホットヨガなど汗をたくさんかくヨガで、汗をしっかりと吸収してくれます。ジ...
ヨギー
ヨギー
お気に入りのヨガマットを探すのは楽しいデスネ。
ジョン
ジョン
座位のポーズなら敷き布団もありだワン!

03
どんな服装がいいいの?

Wear


ヨガの服装は、正しいポーズやリラックス効果をもたらすことができるようにラクな服装で行うようにします。

関節周りの動きを邪魔しない伸縮性

腕や足の関節周りの曲げ伸ばしが窮屈に感じると、心地よくポーズがキープできません。動きが阻害されてしまうと、リラックス効果にも影響するので伸縮性のある生地の服装がおすすめです。

めくれたりズレない適度なフィット感

トップスやボトムは、適度なフィット感があるとよいです。動きの大きいポーズで、めくれたりズレると肌の露出が気になってしまい、ヨガに集中することができません。

ヨガウェアを用意すると、伸縮性や吸湿性に優れているので関節周りが動きやすく、たくさん汗をかいても快適にポーズを行うことができます。ヨガに慣れてきたら、ぜひヨガウェアを着用してみましょう。

04
ヨガをやる時間帯って?

Time

ヨガは、習慣化することが大切です。決まった時間帯はありませんが、時間が作りやすい時間を見つけて行うと習慣化しやすくなります。時間がとれないときは、1ポーズだけでも行うようにしましょう。

朝起てシャワー後に

朝起きてシャワー後にヨガを行うと、ほどよく体が温まった状態で心地よくヨガを行えます。頭が冴え体がシャキっとします。

就寝前に

夜の就寝前にリラックス系ヨガを行えば、自律神経を整えリラックス効果で質のよい睡眠をもたらしてくれます。入浴直後は心臓に負担をかけてしまうので入浴後30分以上空けてから行うとよいです。

ヨギー
ヨギー
落ち着いてヨガできる時間を選ぶと習慣化しやすいでデス。
ニャン吉
ニャン吉
ヨガでリラックスしたら、よく眠れるニャ〜…。ス〜ピ〜…zZ

05
ヨガ前後の食事って?

Timing

ヨガは、食後3時間程度空けてから行うとよいです。胃が空っぽの方が体が軽く負担がかかりません。満腹の状態だと、ポーズによってお腹が動くので辛く感じやすくなります。食事直後や多く水分補給をした後のヨガは控えましょう。

  • ヨガ前は、食後3時間程度空けた空腹の状態で行う
  • ヨガ後は、1時間程度空けてから食事をする

ヨガ後は血流がよくなり、内蔵が疲れている状態です。すぐに食事をすると、より内蔵を動かすことになり負担をかけてしまいます。体調を崩す原因にもなるので、ヨガ後は1時間程度空けるようにしましょう。ヨガ直後は、血流がよくと栄養を吸収しやすい状態なので太りやすくもなります。

ヨギー
ヨギー
満腹なお腹でのヨガは、控えるとよいデス。

06
ヨガ中の水分補給は?

Water

ヨガ中の水分補給は、一度にガブガブ飲まず喉を潤す程度に補給するようにしましょう。一度にたくさん飲むとお腹がタポタポになります。ポーズでお腹に負担がかかり、体が冷える原因にもなります。ヨガスタジオを利用する場合は、ペットボトルやマイボトルを携帯するとよいです。
飲み物は「常温の水」がおすすめです。ヨガで温まった体を冷ますことなく水分補給できます。軟水だとより吸収しやすくなります。

ニャンきち
ニャンきち
汗をたくさんかくヨガは、水分補給を忘れずにするニャ!

07
体調が不調なときは?

Caution

ヨガは習慣化して行うことが大切ですが、体調は優れないときは負担の少ないポーズに切り替えたり、お休み時間としてヨガを控えましょう。

生理中や妊娠中は控える

女性の場合、生理中はヨガを控えましょう。無理して動きの大きいポーズをすると、生理痛がひどくなる恐れがあります。妊娠中は、お腹の胎児によって重心やバランスに変化がでます。妊婦用のマタニティヨガを行うようにしましょう。

関節まわりが痛いときは控えめに

膝や肘などの関節周りに痛みがある場合は、動きが控えめのポーズで無理をしないようにしましょう。

07
ヨガマットやウェアを用意しよう

Yoga Shop


ヨガに慣れてきたら、専用のヨガマットやウェアを用意してみましょう。デザインや機能性、動きやすさに優れモチベーションをアップさせてくれます。気分によって使い分けたり、よりステキなヨガライフを送ることができます。アイテムをチェックするときは、スポーツブランドやヨガ専門ブランドサイトもチェックしてみるとよいです。お洒落でかわいいマットやウェアを、ぜひチェックしてみましょう。

イージーヨガ(easyoga)


イージーヨガは、トップインストラクターから初心者の方まで、幅広く愛用されているブランドです。そのクオリティは指導者養成コースの指定グッズとして認定されています。デザイン性、機能性、耐久性を追求したヨガマットやウェアを取り揃えています。

イージーヨガ公式オンラインショップへ

08
まとめ

Summary

初心者や入門の方は、まずは動きが制限されないラフな服装でヨガを行うとよいです。ヨガを始めるときは、食事や水分補給を調整して体に負担がかからないようにしましょう。

ジョン
ジョン
お腹を空っぽにしておくと、体が軽くて動きやすいワン!
ニャンきち
ニャンきち
ヨガをすると、リラックスできるニャ〜!
ティーチャー
ティーチャー
このページにでてきた用語のおさらいでやんす。覚えてるでやんすか?
ティーチャーの用語チェック
ホットヨガ 室温や湿度が一定保たれた室内で行うヨガ
関連記事