FITNESS

Wout可変式ダンベルのレビュー!40kgプレートセットを解説!

ホームステイが多くなる中、「健康のために自宅でトレーニングだー!」そこで、自宅で手軽に使える筋トレ器具といえば、まず思いつくのはダンベルですよね。今回は、初心者の方にもおすすめなダンベルをレビューを含めてご紹介します!

どんなダンベルを選べばいいの?

自宅トレーニングで使うダンベルは、省スペースで使えると思っていたら、プレートが予想以上にデカい…。ダンベルはポイントを押さえないと、ダンベルの存在感が強く収納場所に困ることも。いざ使ってみたら、グリップを握る手が痛くなったり、プレート同士の衝突音がキンキン響いたり。気をつけないと知らぬ間に床にキズなんてこともあります。とくに、重さに物足りなさを感じてしまうと、買い直しの検討でコスパがよくありません。さらに、ダンベル選びに失敗したことによる後悔で、モチベーションの低下に…。

こんなことに

  • POINT.1

    ダンベルの収納場所に困る

  • POINT.2

    床のキズや衝突音が気になる

  • POINT.3

    重さに物足りなさを感じる

  • POINT.4

    買い直しでモチベーションダウン

ダンベルは、一度購入すると長く愛用することになります。ダンベル選びに失敗すると、ダンベルは「ただの使わない重り」。ダンベルの処分は、粗大ごみになりやすいので手間がかかります。初心者の方は、失敗しないようにダンベルを選ぶ必要があります。

02
Wout(ワウト) スチール製ダンベル

Wout

どんなダンベル?

そこで、おすすめしたいのがWoutのスチール製ダンベル40kg(20kg×2個セット)。可変式なので、ひとつのダンベルで重さを段階調節することができます。デザインもブラックでカッコいい。筋トレには、モチベーションも大切!負荷をかけるなら、重さは20kg×2個セットがおすすめです!女性のエクササイズやダイエットに10kg×2個セットはぴったりですが、男性にとっては物足りなさを感じる傾向に。素材は、スチール(鋼)なので全体的にコンパクトサイズ、個人的には十分筋トレに活躍してくれるダンベルです!そんなWoutのスチール製ダンベルをレビュー。ぜひ、検討している方は、ダンベルの選び方とあわせて参考にしてみてください!

Woutダンベル

Wout ダンベルシリーズ最上位モデル

  • POINT.1

    ダンベル部門3冠達成

  • POINT.2

    某海外通販サイトランキング 1位

  • POINT.3

    某通販サイトランキング 12週連続1位

品質・価格で選ばれ続けてNO.1!Woutダンベルシリーズ最上位モデル!

高い機能性を備えたダンベルで、床を傷つけず、静音性や12角形状で転がりません。プロトレーナー監修のオリジナルマニュアル付きです。

種類 10kg×2セット、20kg×2セット
ニャンきち
ニャンきち
限られたスペースでダンベルを使うなら、可変式がおすすめニャ!

03
安心の30日間返品保証!

Guaranteed

安心の保証やマニュアル付き

Woutのスチール製ダンベルは、30日間返品保証付きです。保証が付いているので、ダンベル者初心者の方でも安心!他にもプロトレーナー監修の「Woutオリジナルトレーニングマニュアル」が付いています。初心者の方が始めやすいカラダ全体の筋トレメニューが記載されています。

ダンベル初心者も安心

  • POINT.1

    30日間返品保証

  • POINT.2

    オリジナルトレーニングマニュアル

ニャンきち
ニャンきち
返品保証付きだから、安心してダンベルを買うことができるニャ!

04
40kg(20Kg×2個)セット内容

Set

セット内容

20Kg×2個のセット内容は、下記になります。各プレートを組み合わせて重さを調整。1本のシャフトに最大8枚を装着できます。プレートのみで合計40kgにはならず、シャフトやジョイントの重さも含めて40kgになります。

Woutダンベルセット内容
種類 重さ 枚数
プレート 3.5kg 4枚
2.5kg 4枚
2kg 4枚
1.25kg 4枚
シャフト 約1.2kg 2本
ジョイント 約600g 1本
カラー 4個
キャップ 6個
ジョン
ジョン
オールブラックで、カッコいいワン!

05
プレートのサイズ

Size

プレートサイズ

ダンベルは、プレートのサイズが気になりますよね?Woutダンベル20kg×2個セットの一番重いプレートは3.5kg。シャフトを通す穴の直径は約2.5cm、3.5kgプレートで直径約19cm×幅2.5cmで、だいぶスリムな印象です。従来のモデルよりも厚さ45%もカットは、予想以上のコンパクトさ!コンパクトに収納したかったので、個人的に理想的なサイズ感。セメントのダンベルは比較的に安価ですが、サイズが大きくなりがちなのがネックになります。マメに買い替えるアイテムではないので、多少高価でも長い期間の使用を考えて後悔しないように、錆びにくいスチール(鋼)製でコンパクトさを重視しました。コンパクトであれば、腕関連のトレーニングなどで、プレートがカラダに接触する煩わしさも低減できます。

重さ 直径 × 幅
3.5kg 約19cm × 約2.5cm
2.5kg 約16.5cm × 約2.5cm
2kg 約14.5cm × 約2.5cm
1.25kg 約12cm × 約2.5cm
ジョン
ジョン
コンパクトなダンベルは、収納しやすくて使いやすいワン!

06
Woutダンベルはココがいい!

Good

ココがいい

Woutのダンベルの口コミと合わせて、使ってみた感想をまとめてみます。

握りやすいグリップ

Woutのダンベルのシャフトの握りやすさをチェック。Woutのダンベルのグリップは、中央に向って膨らんだ形状になっているので、握ったときのフィット感がとてもよいです。エンボス加工樹脂によって、高重量でも素手で持ちやすく痛くなりにくいです。トレーニンググローブを使わなくてもよいこと、女性でも手のマメを気にせずに扱うことができます。

Woutダンベルのシャフト

手が痛くなりにくいためマメもできにくい

丸みのある角でキズ防止や衝撃音緩和

Woutのダンベルのプレートは、外部素材はポリエチレンを採用。プレートの外部は、すべての角に丸みがあり、床をキズ付けにくくなっています。疲労してダンベルを置くときに床にキズが付かないように気を使う。これがなくなるだけで、だいぶストレスフリー!この外部素材は、静音性も兼ね備えています。プレート同士がぶつかったときも、衝突音がほとんどなく耳障りにならないので、集中力を維持しやすいです。重さによる床への衝撃を和らげるために、トレーニングマットを敷くとカンペキですね!

Woutダンベルの角

丸みのある角で安心して置ける

回しやすいカラー(留め具)

Woutのダンベルのカラーは、クルクルとスムーズに回しやすくしっかり締めることができます。シャフトの先端も保護キャップで、ガードできます。

Woutダンベルの留め具

締めやすいカラーと保護キャップ

転がらない12角形状

Woutのダンベルのプレートは12角形状。どの角度で置いても、転がらずに置ける。コレがかなり使い勝手をアップしてくれています。転がらないから、プッシュアップバーとしても活用できるのはいいですね!

Woutダンベルの12角形状

どの位置で置いても転がらない

ジョン
ジョン
音が気にならなければ、遅い時間でもトレーニングしやすいワン!
ニャンきち
ニャンきち
ダンベルは、使いやすいように機能を備えてるんだニャ!

07
気になるポイント

Bad

ココが気になる

Woutダンベルを使った印象は悪くなく、口コミもそこまで目立った悪いないようです。ただ、ニオイや重さについて気になっている方のコメントが見られましたので、チェックしてみました。

シャフトやジョイントのバリ

口コミでは、左右のシャフトをつなげるジョイントなどにバリが残っていることがあるようです。バリとは、プレス加工や切削加工によって発生した残留物のこと。購入したものにバリはありませんでしたが、念のためバリを確認したほうがよいかもしれません。

Woutダンベルのシャフト

バリは念のため確認したほうがよいかも

プレートの特有のニオイ

ダンベルは、モデルによっては特有のニオイがするものも。Woutのプレートも鼻に近づけると、素材特有のようなニオイがします。ですが、鼻にスゴい近づければの話。ダンベルトレーニング中は、プレートがそこまで鼻に近づくがないので、ニオイが気になることはありませんでした。

Woutダンベルのニオイ

鼻を近づけると、わずかにニオイがする

バーベルのグリップ幅が固定される

Woutのダンベルの左右のシャフトをジョイントで連結させると、およそ110cmになります。左右のグリップ間は、およそ70cm。グリップの両サイドにプレートを装着するため、手の位置を自由変えることができません。体格の大きい方などは、胸にストレッチを効かせにくいかも知れません。

Woutダンベルのバーバルバー

グリップ間は70cmだから、狭く感じるかも

カラー(留め具)が緩む

Woutのダンベルのカラーは、同じ重さで使い続けていると徐々に緩んできます。これは、口コミにもありましたが、まさにその通りでした。ただ、いきなり大きく揺るむわけではありません。ダンベルを使う前、重さを切り替えたときに、一度しっかりカラー締めれば問題なく使えます。

重さの物足りなさ

Woutのダンベルのユーザーで、とくに男性の口コミで多く見られるのが、重さに物足りなさを感じて後悔。男性の場合、運動不足のでも10kg×2セットはおすすめしません。大は小を兼ねるので、20kg×2個セットがおすすめ!バーベルにできるので、MAX40kgまで負荷をかけることができます。腕の小さい筋肉から、ビッグスリー(胸、背中、足)の大きい筋肉まで刺激を与えることができます。

ニャンきち
ニャンきち
バーベルで使う場合は、腕を広げて70cmの幅をチェックニャ!

08
追加購入もできる

Addition

追加購入もできる

Woutのダンベルは、プレートだけを別途追加することも可能。重さは、1kg、1.25kg、2kg、5kgで、それぞれ2枚セット。より高負荷をかけたくなったら、高重量のプレートを追加できるのがいいです。セットで買い直す必要がないため長く愛用することができます。シャフトやジョイントも別売りで購入できるから安心!ただシャフトは、10kg×2個セット用なので注意!20kg×2個セット用のシャフトはプレートが計8枚、10kg×2個セット用はプレートが計6枚で装着枚数が違います。

内容 5kg × 2
サイズ 約21cm × 3cm
タイプ 10kg × 2セット用(保護キャップ付)
長さ 約30cm
重さ 600g × 2
サイズ 約30㎝
重さ 600g

09
こんな方におすすめ

Osusume

こんな方におすすめ

Woutのスチール製ダンベルは、30日間返品保証付きなので、ダンベルを試したい初心者の方におすすめ!床のキズ防止や衝突音の低減など、高い機能性とコンパクトさで扱いやすいです。女性の方で、ダイエットやエクササイズで高重量を必要としないトレーニングには、20Kg(10kg×2個セット)、男性の方などで筋トレを目的とした方は、40Kg(20kg×2個セット)がおすすめ!とくに、運動不足だからと言って20kgを選んでしまうと、後々重さに物足りなさを感じるので気をつけましょう。限られたスペースで、カッコいいダンベルでトレー二ング。ぜひ、Woutのスチールダンベルをお試しください!

Wout スチール製ダンベル 20kg

  • 内容

    20g × 2個セット

  • 価格

    8,680円

  • 備考

    30日間返品保証
    トレーニングマニュアル

Wout スチール製ダンベル 40kg

  • 内容

    20g × 2個セット

  • 価格

    16,890円

  • 備考

    30日間返品保証
    トレーニングマニュアル

品質・価格で選ばれ続けてNO.1!Woutダンベルシリーズ最上位モデル!

高い機能性を備えたダンベルで、床を傷つけず、静音性や12角形状で転がりません。プロトレーナー監修のオリジナルマニュアル付きです。

種類 10kg×2セット、20kg×2セット

10
トレーニングマットで安全に

Select

トレーニングマットで安全に

トレーニングマットは、ダンベルを置いたときの衝撃を吸収してくれるので、防音効果に役立ちます。それだけではありありません。硬い床の上では、体重がかかりやすい関節に負担がかかったり、滑りやすいことも。マットは、それらを低減してくれるので、フォームを安定させやすくなります。ダンベルとあわせて用意したいアイテムです!

高硬度クッションで床のキズをしっかり防止!丸洗いできるから衛生的に使える!

ジョイントマットで部屋にあわせて敷くことができます。床のキズ防止、衝撃吸収、防音効果を発揮してくれます。

サイズ 45 x 45 x 1cm

トレーニングルームにぴったりなデザイン!高重量でもしっかり沈み込みを抑える!

硬度55というほどよい硬さに設定されたジョイントマットで、安心してトレーニングに集中することができます。

サイズ 45 x 45 x 1cm

11
まとめ

Summary

Woutのダンベルは、初心者におすすめのダンベル!コンパクトで、静音性や転がし防止など使いやすさにも優れています。自宅トレーニングでダンベルを検討している方は、ぜひWoutのダンベルをお試しください!男性の方なら、40kg(20kg×2個セット)がおすすめです!

ジョン
ジョン
ダンベルのデザインがカッコいいとモチベーションが上がるワン!
ニャンきち
ニャンきち
筋肉ムキムキを目指すニャー!!
ティーチャー
ティーチャー
このページにでてきた用語のおさらいでやんす。
ティーチャーの用語チェック
シャフト ダンベルの軸となる棒
関連記事