OUTDOOR

コーヒー用水筒のおすすめや選び方!美味しく持ち運びできるのは?

ちょっと一息つきたい、そんなときにコーヒーを飲んでほっとすることがあります。コーヒー用の水筒も持つことで、美味しい温度で香りや味を楽しむことができます。コーヒー好きの方は、ぜひ専用の水筒を持つことをおすすめします。これからも続く、なんとなくほっとする時間…。ちょっぴり幸せな時間にしてみませんか?

最適なコーヒー用の水筒がないと、飲みたいときに飲むことができません。コーヒーを買いにいこうと思っても、コンビニや自販機が遠かったり…。また、しっかりした水筒を選ばないと洗いにくい構造で衛生的にもよくありません。ニオイが残ったり、コーヒーによる着色汚れが発生してしまいます。

  1. 飲みたい時に飲めない…
  2. 味や香りを楽しめない…
  3. 缶コーヒは、甘すぎて…
  4. ニオイ残りや着色汚れが…

また、缶やペットボトルのコーヒーの甘さは健康的にも気になります。コーヒー好きの方は、ぜひ、マイボトルで美味しいコーヒーを楽しむことをおすすめします。

ジョン
ジョン
ドリップしたコーヒーは、香りも格別だワン!落ち着く匂いなんだワン!

02
水筒とタンブラーって違うの?

Difference

コーヒーを入れる容器は、水筒の他にもタンブラーがあります。カフェによっては、ラテやコーヒーを注文する際に、マイタンブラーにお願いすれば、割引をしてくれます。では、このタンブラーと水筒は何が違うのでしょうか?違いは「フタ」の気密性にあります。

水筒は、持ち運びのために作られています。なので、気密性は抜群で厳しい検査も受けていて、よほどのことがない限り漏れることはありません。タンブラーは、コップの一種として作られています。フタも密封するものではなくホコリよけなどを目的に付いています。水筒ほど丈夫ではありません。利用するシーンによって、使い分けるとよいです。

水筒 気密性が高く携帯性に優れる
タンブラー その場の倒し事故を防ぎ、カフェ利用にも便利に使える

03
選ぶポイントって?

Type

コーヒー用の水筒は、利用するシーンによってサイズを選び、洗いやすさもチェックするとよいです。加えて飲み口も重要です。口当たりのよいと、よりコーヒーを飲んだときのほっとした一息を演出してくれます。保温・保冷機能も確認します。

容量

容量は、1日もつように飲むのであれば、400ml〜がおすすめです。缶コーヒーは、1本あたりの容量がおよそ200ml〜400mlなので、1日に2本ほど飲む方に最適です。少量であれば、200ml〜300mlがおすすめです。容量が少なくなる分、軽量コンパクトになり携帯性に優れます。

1本あたりの容量

缶コーヒー およそ200ml 〜 400ml
ペットボトルコーヒー およそ300ml 〜 900ml

飲み口や口径

飲み口の口当たりがよいと、コーヒーをより美味しく感じさせ、心も落ち着かせてくれます。個人により好みがありますが、マイボトルを持つ楽しさのひとつです。また、水筒に直接ドリップしやすい口径だと、より便利に扱うことができます。

洗いやすさ

コーヒーは、香りが強めで色も濃いめです。しっかり洗えないとニオイ残りや着色汚れが発生することも…。シンプルな構造で分解しやすいと洗いやすく、次回も快適に使えます。

04
おすすめ「ほっと一息少量サイズ」

Few

使い捨てのペットボトル替わりにぴったり、環境とお財布に優しいダイレクトマグ!

ダブルステンレス構造で保温・保冷でき、車のドリンクホルダーにも収納できます。

サイズ 約 60 × 145mm
重さ 約180g
容量 200ml
材質 ステンレス鋼
タイプ 保温・保冷

小さなバッグにも携帯しやすい、なめらかな飲み口の便利なスリムな水筒!

魔法をかけたような軽さに加え、ボトルひとつで保温・保冷が楽しめるので1年中活用できます。

サイズ 約 5.8 × 5.8 × 12.9cm
重さ 約109g
容量 200ml
タイプ 保温・保冷
カラー グリーン、パウダーピンク、パウダーブラック

超軽量スリムボトルと、お手入れしやすいシンプル構造が普段使いで重宝!

魔法びんと同じ真空断熱構造で、外気を遮断し高い保温・保冷力を備えています。開け閉めしやすい半回転オープンで便利に使えます。

サイズ 約 6.5 × 6.5 × 15.5cm
重さ 約150g
容量 250ml
タイプ 保温・保冷
カラー エスプレッソ、ラベンダー

05
おすすめ「1日飲めるゆったりサイズ」

Many

陶器のマグカップのような飲み心地を再現!内面は汚れにくく、サビに強い、スーパークリーンPLUSを採用!

タイガーの独自の技術で軽量コンパクト設計になっています。フタを外せば、ダイレクトに飲めるドリンクボトルにもなります。

サイズ 約 6.6 × 6.6 × 16.4cm
重さ 約170g
容量 500ml
タイプ 保温・保冷

さらに軽くスリムに進化したスリムボトルの使いやすさは、様々シーンで大活躍すること間違いなし!

使いやすさ、お手入れのしやすさなどを重視したサーモス自信作で、長時間の保温や保冷が可能です。

サイズ 約 6.5 × 6.5 × 19cm
重さ 約240g
容量 350ml
タイプ 保温・保冷

匂い移りがしにくく、コーヒー本来の味と香りが楽しめる「こだわり」が詰めこまれたコーヒーボトル!

氷も入れやすいので、アイスコーヒーにも便利です。汚れもつきにくく、落ちやすいので衛生的に使い続けることができます。

サイズ 約 6.7 × 18cm
重さ 約230g
容量 420ml
材質 ステンレス鋼(ふっ素樹脂塗装加工)
タイプ 保温・保冷

ダブルステンレス真空断熱構造で温度をキープ!いつでもどこでも楽しめる!

飲み口が熱くなりすぎず、氷も飛び出しにくい構造になっています。口径4.3cmで、市販のドリッパーで直接ドリップすることもできます。

サイズ 約 7 × 21cm
重さ 約231g
容量 500ml
材質 ステンレス鋼
タイプ 保温・保冷

コーヒースタンドのテイクアウトをイメージした水筒でオシャレに楽しむ!

スタイリッシュな色合いのボトルで、食事やティータイムにもぴったりな軽量ボトルです。

サイズ 約 7× 7 × 21㎝
重さ 約235g
容量 500ml
タイプ 保温・保冷

06
茶渋とか着色汚れが気になる…

Wash

水筒は使い続けていくと、しつこい茶渋などが付き汚れが落ちにくくなっていきます。着色汚れは、なんか…。そのまま使い続けると、飲み物に雑味が加わることもあり、衛生的にもよくありません。そんなときは、専用の洗浄アイテムですっきりピカピカにすることができます。所用時間もかからないので、水筒を普段使いで活用する方におすすめです。

汚れが、膜が剥がれるように取れて綺麗に!ピカピカでスッキリ安心!

茶渋やコーヒーなどによる着色汚れを、驚くほどスッキリとることができます。サーモス製品の水筒を使われる方におすすめです。使用できるボトル条件があるので必ず確認します。

サイズ w8× d8 × h28cm

粉末だから1回の使用量を調整可能、ボトル本体やパッキンを徹底洗浄!

スポンジが届きにくい細かな部分もすっきり洗浄できます。「サーモス マイボトル洗浄器」と一緒に使うとさらに効果を実感できます。

サイズ w12× d6 × h18cm

ソフトな柔らかいクリーナーで、底のスミまで洗いやすいボトル洗い!

特殊繊維でボトルの底、側面にフィットし隅々までスッキリ洗えます。柔らかいクリーナーで傷がつきにくく、洗剤を使う際でも少量で汚れが落とせます。

サイズ 40cm
ニャンきち
ニャンきち
オイラは、いつもピカピカで飲みたいニャ!

07
まとめ

Summary

コーヒー用の水筒は、コーヒー好きの方にはおすすめのアイテムです。ほっとしたいときに、最適な温度で美味しいコーヒーが飲めれば気持ちがリセットされ、モチベーションアップにもつながります。ぜひ、コーヒー用の水筒、マイボトルを手に取ってみてはいかがでしょうか?

ジョン
ジョン
くんくん!コーヒー豆のいい香りがするんだワン!
ニャンきち
ニャンきち
ほっこりするニャ!アイスコーヒーもいいんだニャ!
ティーチャー
ティーチャー
このページにでてきた用語のおさらいでやんす。覚えてるでやんすか?
ティーチャーの用語チェック
タンブラー フタが付いたコップの一種
アウトドア用水筒のおすすめや選び方!おしゃれで軽いのは? 水筒は、アウトドアやスポーツなどの様々なシーンの水分補給でなくてはならないアイテムです。水筒ならではの保冷・保温性能を活用するこ...
関連記事