FISHING

知らなきゃ損!ニジマス釣りの仕掛けや餌、コツなどは?

管理釣り場でのニジマス釣りは、家族やカップル、子供まで気軽に楽しめる渓流釣りです。自然を満喫したり食事もできます。仕掛けや餌もシンプルなので初心者でも楽しむことができます。釣るコツもあるので知って釣果を上げましょう。


ニジマス釣りは釣り方などコツを知らないと、気づかないうちに釣果を下げてしまったり釣れるチャンスを逃してしまいます。せっかく釣りにきたのに全く釣れないと、すぐあきてしまうかもしれません。

  • BAD.1

    釣れるチャンスに気づかず逃してしまう

  • BAD.2

    釣れないので、すぐ飽きてしまう

釣果をアップさせるコツは難しくありません。ぜひ、実践して釣果アップを狙いましょう。

02
場所は管理釣り場(釣り堀)へ

Place


ニジマス釣りは、自然の渓流を利用した管理釣り場(釣り堀)がおすすめです。管理釣り場を利用すれば釣りやバーベキューを楽しむことができます。場所によっては、キッズたちが楽しめる「マスつかみ取り」もあります。道具も一式レンタルできるので手ぶらで行けます。魚に掛かったハリが取れなかったり、釣った魚のハラワタとりなども係員さんにお願いできるので初心者でも安心して楽しめます。

管理釣り場

  • POINT.1

    手ぶらで利用できる

  • POINT.2

    食事何処やトイレなどの設備がある

  • POINT.3

    ハラワタ取りや塩焼きなど係員にお願いできる

ジョン
ジョン
ニジマス釣りは、釣ってその場で串焼きにして食べるのが醍醐味だワン!
管理釣場の人
管理釣場の人
食堂やトイレも常設しているよ。場所が決まったら確認してみてくださいね。

03
ニジマス釣りの時期

Season


ニジマス釣りの時期は、3月から11月です。管理釣り場もこの期間を営業期間としています。場所によっては、12月は予約制で受け付けている場所もあります。ニジマスのような渓流魚の適水温は7℃〜18℃で、この範囲内だと活性が高いと言われています。

釣果アップを狙いやすい季節

  • SEASON.1

    4月〜6月の春頃

  • SEASON.2

    9月〜10月の秋頃

  • WATER

    7℃〜18℃が適水温

4月〜6月の春や9月〜10月の秋がハイシーズンで釣果が上がりやすいです。真夏は水温が上がりすぎてしまったり、冬は水温が低すぎて活性が低くなってしまうので釣果が下がる傾向にあります。

ニャンきち
ニャンきち
活性は、お魚が「餌を食べる」やる気のことを言うんだニャ!

04
竿や仕掛け

Style


竿や仕掛けは、最初はレンタルで十分です。ほとんどはセットでレンタルすることができます。まずは準備から釣り上げるまでの要領を知ることが大事です。仕掛けはミャク釣りがウキ釣りがあります。

おすすめはミャク釣り

仕掛けは、ミャク釣りがおすすめです。ニジマスは川の流れに乗ってくる餌を補食します。ミャク釣りは餌を川の流れに乗せやすく、アタリがとれやすいのでアタリの感覚も覚えやすいです。ウキ釣りはウキから餌までの距離が固定されるので、ミャク釣りに比べると不自然な動きになりやすい傾向にあります。

慣れてきたら、竿や仕掛けを購入したり釣法を変えたりして自分のスタイルを探求すると、より渓流釣りを楽しむことができます。

05
ニジマス釣りの餌

Bait


餌はイクラがおすすめです。事前に購入しておくか管理釣り場で購入して用意します。ハリに付けるのが簡単なので使い勝手がとてもよいです。「虫に触るの超絶無理なんですけどー!」という人でも扱えます。イクラは、一度付けたら長時間使い続けず、マメにチェックし取り替えます。中身がなくなっていたり白くなったら交換の目安です。

イクラ

  • POINT.1

    オレンジの目を避けてハリに刺す

  • POINT.2

    状態をみて、マメに交換する

ムニョムニョ動く虫に抵抗がなければ、ブドウ虫も購入しておくと釣果が上がりやすくなるので用意しておくとよいです。イクラを使い続けるとニジマスはイクラに警戒心を持つようになり釣れなくなっていきます。そのときに、まだ警戒心のないブドウ虫に切り替えることで釣果アップが狙えます。

初心者にやさしい定番の餌!

イクラは付け方が簡単で、管理釣り場で活躍してくれる初心者にもおすすめの餌です。

内容量 35g
アングラー
アングラー
イクラが白くなったり中身がなくなったら付け替えよう。マメに餌の状態を確認するといいぞ。

06
釣果アップさせるコツ

Point

ニジマス釣りは、以下のポイントを知っておくと釣果アップが期待できます。

放流直後が最大のチャンス

管理釣り場でニジマス釣りをするとき、ほとんどがニジマスを放流してくれます。じつは、この放流された直後の30分〜1時間が最も釣れる時間帯です。魚は餌切りされているので、お腹ペコペコ状態で餌に対しての警戒心がありません。なので釣り休憩は控え、どんどん仕掛けを投げるようにします。時間が経つと餌や人間の気配で警戒心が上がっていき、釣れなくなる時間帯が必ずやってきます。

  • POINT.1

    放流直後の30分〜1時間がチャンス

  • POINT.2

    必ず釣れなくなる時間帯がくる

緩い流れで水深があるポイントを狙う

ニジマスは放流されるまでは、止水環境で群れを作った状態で育てられています。放流直後は、水慣れしていないこともあり止水環境を探して群れを作ります。水深あり流れがほとんどないポイントをチェックしてみましょう。群れているので、仕掛けを投げれば高確率でヒットします。時間が経過すると、水慣れしてきて流れのある場所などに散るので狙うポイントを変えてみましょう。

魚との距離をあけ、大声を上げない

釣りをするとき水際に立って釣りをしてしまいがちです。ニジマスは水中から人間(動くもの)が見えています。人影は警戒心を高めてしまう要因になってしまうので距離をあけるとよいです。また、大声や足音も警戒心を高めるので気を配ります。

餌を切り替える

イクラでニジマスが釣れなくなってきたら、ブドウ虫に餌を変えます。警戒心がない餌にすることで釣果アップが期待できます。餌の切り替え直後はチャンスなので、アタリに集中します。ブドウ虫は、お尻からハリを通して頭の手前でハリ先をだします。餌持ちがよく、内容物がなくなったり見た目が悪くなったら取り替えるとよいです。

いろいろな状況で使える万能なブドウ虫!

渓流で嗜好性が高い餌で、イクラで釣れなくなった時の餌替えにも効果的です。

1パック 約28匹
ニャンきち
ニャンきち
お魚さんから気配を消すんだニャ!

07
アタリがきたら

Hit

ニジマスのアタリがピクピクときたら、竿を上げてあわせます。このとき手首を支点に瞬間的な勢いで竿を上げると、竿先が力を吸収してしまい、ハリ先まで力が伝わりにくくなります。力が伝わらないとバラしの原因になります。ハリ先まで力が伝わるように竿全体を後ろ斜めにジワジワっとあわせるようにします。

  • POINT.1

    手首を視点にして合わせない

  • POINT.2

    竿全体で合わせるようにする


ニジマスなどのトラウトは口が硬い種類が多いので、しっかり力を伝えることが大切です。力が伝わらないとハリだけ乗っているだけでバラしのリスクが高くなります。ニジマスの活性が低いと口にくわえてすぐ離すので、竿先や糸の変化も見逃さないようにします。

どうしてもアワセが…

ニジマスの活性が高いときは、「向こうアワセ」というあわせもあります。魚まかせのあわせです。アタリがきたら、そのまま様子をみます。糸が動き出したらハリがしっかり刺さるようにあわせます。しかし、ハリを飲み込んでしまう可能性が高くなり、低活性の魚は、すぐ吐き出すことが多いので魚を掛けるのが難しくなります。

08
ハリ外しは必須アイテム

Remove Hook

ニジマス釣りをしていると、釣っときにハリを奥まで飲み込まれてしまうことがあります。これは、誰もが一度は経験します。スムーズにハリ外しが使えるように練習してコツを覚えることは必須になります。隣で釣りをしている方が「ハリをとってもらうことできますか?」とお願いされることも少なくありません。ハリ外しは、必ず糸を張った状態で行います。

針外しの使い方

  • STEP.1

    糸のテンションを張る

  • STEP.2

    Cの切り込みに糸を通す

  • STEP.3

    ハリに当たるまで押し込む

  • STEP.4

    さらに押し込んで外す


管理釣り場では、簡易なハリ外しを借りることができますが、自分で用意して使い慣れておくとよいです。素早く外すことで、リリース時の魚のダメージが少なくすみます。

ハリを挟んでクルッと回すだけ

ホールド針外しは、ハリを挟んで上下に揺するだけでハリが外れます。上下に揺すると針外しの先端がクルッと回転してハリを外します。ハリが反転するので抜き出す時に再度かかることがなくなります。ホールド針外しは、奥に押し込まなくてもいいため魚のダメージも抑えられます。

サイズ 18cm

釣りビギナーにおすすめ

ループ状の先端にハリスを通して押すだけで外すことができます。抜き出すときも掛かりません。サイズがミニ、SS、Sの3種類あるので魚のサイズにあったものを選びましょー。釣り堀や釣り具で、よくすすめられる針外しです。

サイズ ミニ、SS、S
ジョン
ジョン
素早くハリを外すことは大切なんだワン!

09
手のニオイ対策

Smell

ニジマス釣りをしていると、餌の付け替えをしたり釣った時に魚を触ったりして手に臭いが付きやすくなります。普通の石鹸では、なかなか落ちず不快に感じるかもしれません。事前にアイテムを用意しておくと、そのようなストレスを軽減することができます。

半永久的に使うことができる脱臭専用石鹸!

ステンレスと水と空気の触媒反応を利用した石鹸です。ステレンスなので錆びにくく半永久的に使える逸品です。使う時は、普通の石鹸と同じように流水で使います。

重さ 87g
素材 ステンレス

魚市場や魚屋さんで使われている消臭剤!

車の中やタックルボックス、クーラーボックスの臭いを消すときはスプレータイプが便利です。イオンパワーで瞬感消臭してくれます。

サイズ 90 × 50 × 190mm
内容量 300ml

10
天気は釣果に影響する

Weather

「自然満載な釣りだから天気は晴れがいいー!」と思うかもしれませんが、釣果アップを狙うなら天気は曇りか小雨がぐらいがよいと言われています。渓流魚は警戒心が高い魚です。晴れて水が透き通っていると魚からも人間が見えやすくなります。曇りで暗くなったり小雨で水面が揺れると、人間が見えにくくなり気配が感じ取られなくなります。

小雨や曇りはチャンス

  • POINT.1

    人間の姿が見えにくくなる

  • POINT.2

    雨で足音が消される

雨の日は、より足元が滑りやすくなり思わぬケガをするリスクがあります。ひどい天気の釣行は危険を伴うので控えましょう。

11
塩焼きにして食べる

Eat


ニジマスを釣ったらエラとハラワタを取り、下処理を済ませます。処理したら串に刺し、塩焼きにして食べるのがおすすめです。管理釣り場を利用する場合は、専用の処理場でハラワタ取りを行います。有料ですが、係員さんにお願いして焼いてくれます。焼き時間は30分〜1時間ほどかかります。釣りを終える事前に頼んでおくと、スムーズに食事ができます。

管理釣り場で塩焼きに

  • POINT.1

    専用の処理場でハラワタ取りをする

  • POINT.2

    焼き時間は、30分〜1時間程度

尾は飾り塩で、塩が多めなので食べるのは控えましょう。

ニャンきち
ニャンきち
ぺっ、ぺっ!尾はしょっぱいニャー!

12
ニジマスの持ち帰り方

Take out

ニジマスなどの渓流魚を持ち帰ることを想定している場合は、小型のクーラーボックスを用意しておくと安心です。釣ったニジマスのエラやハラワタをとり、氷などで保冷して持ち帰ります。ほとんどの管理釣り場では、持ち帰るときに塩を振ってもらうことができます。

管理釣り場などでのフィッシングやアウトドアに最適なクーラーボックス!

コンパクトで軽量のため持ち運びやすく、小物釣りに最適なサイズのクーラーボックスです。

重量 1.7kg
容量 8L
内寸 15 × 28 × 19cm
外寸 23 × 35 × 25cm
ニャンきち
ニャンきち
ゴミはちゃんと持ち帰って捨てるんだニャ!川と係員さんに感謝の気持ちでバイバイニャ!

13
まとめ

Summary

ニジマス釣りでは、大声をあげたり根がかりで竿を強くあおったり、魚の警戒心を上げないようにします。まずは釣果が下がることをしないように気をつけてみるとよいです。そして、餌は常にいい状態で流すようにします。定期的にチェックして交換し餌の鮮度を保つようにします。

渓流や管理釣り場では、ニジマス以外の魚が釣れることがあります。渓流魚は模様など似ていますが、見分け方があります。ニジマスに加えヤマメやイワナなど魚が見分けられるとより釣りが楽しくなります。

ジョン
ジョン
ニジマス釣りは楽しんだワン!まずは、気軽に楽しんでみるのがいいんだワン!マナーはちゃんと守るんだワン!
ニャンきち
ニャンきち
オイラは、塩焼き5本はいけるニャ!
ティーチャー
ティーチャー
このページにでてきた用語のおさらいでやんす。覚えてるでやんすか?
ティーチャーの用語チェック
活性 「餌をたべるぞ」という魚のやる気
関連記事