FISHING

渓流魚の締め方や持ち帰り方!魚を釣った後にするべきことは?

ニジマス釣りで魚を釣った時に「この後どうすれば?」と慣れないうちは戸惑ってしまいます。釣った魚を美味しく食べるためには、締めたり適切な持ち帰り方が必要です。ぜひ覚えておきましょう。


渓流釣りの場合、ニジマスなど釣った魚をビクやクーラーボックスに入れておきます。そこに何匹もストックしていくと、魚は泳げないことや高密度によって暴れストレスを感じます。このストレスによって魚は大量のエネルギーを消費するとともに旨みを落としていきます。何も処理をせず自然死させることを「野締め」と言います。命を頂く者として「野締め」はしないようにします。

  • BAD.1

    旨み成分が分解され味が落ちてしまう

  • BAD.2

    鮮度が維持できず腐敗が早まってしまう

生かして捕獲していてもストレスをかけていたり暴れて窒息死させてしまった場合は、魚の旨みを多く失い美味しく持ち帰ることができません。鮮度が維持できず腐敗が早まってしまう原因になります。鮮度を維持し腐敗を遅らせるために、締めることが必要になってきます。

02
締めるとは

Shime


締めるということは、魚を「即死」させることを言います。絶命したという筋肉への信号伝達を遅らせ、死後硬直を遅らせます。こうすることで腐敗するまでの時間を稼ぐことができ鮮度を長く保つことができます。エラやハラワタは熱を持ちやすく腐敗しやすいので、すぐ処理するようにします。血は身に移ると生臭さの原因になるので、血合いなど丁寧に取り除きます。慣れないうちは抵抗があると思いますが、魚を苦しませないためにも、しっかりと締め下処理を行うことが大切です。

管理釣場の人
管理釣場の人
ほとんどの管理釣り場では、処理場を用意して包丁を貸し出しているよ。ハラワタとりも私たちに頼めるよ。

03
脳天を刺して締める

Head


渓流魚の急所である脳天にナイフを刺し込み少し左右にねじり、素早く脳を破壊して即死させます。脳は目と目の間の上で、三角形を結ぶ位置辺りにあります。骨がやや硬いですが、直接上から刺します。直接が難しい場合は、目と目の間に柔らかい箇所があるので、そこからナイフ刺して奥(横方向)へと刺し込みます。骨が柔らかい箇所は、軽くナイフで突いていくと確認することができます。

  • STEP.1

    目と目の間の上を刺す

  • STEP.2

    少し左右にねじり確実に即死させる

ネイティブな渓流や源流でおすすめの締め方です。締めたらそのままハラワタ取りに移りましょう。

アングラー
アングラー
管理釣り場でなく、自然の渓流では現地で締めて処理するスキルが必要なんだ。覚えておくといいぞ。
管理釣場の人
管理釣場の人
ナイフは銃刀法違反になるリスクがあるから、ハサミもオススメだよ。

サビに強く握りやすいグリップと水抜き穴が付いたシースで使いやすい!

オールブラックのデザインがカッコよく、トラウトなど釣った魚の締めや捌くのに便利です。

型番 CT-511N

04
背骨を切断して締める

Spine


エラからナイフを入れ、背の方へ背骨に目がけて切断します。脊髄を切断することで即死状態にします。尾の付け根側も背骨を切断します。こうすることで血抜きをすることができます。この締め方は海釣りでも活用される定番の締め方です。中型から大型魚に適しています。

  • STEP.1

    エラにナイフを入れ、背骨を切断する

  • STEP.2

    尾の付け根側の背骨を切断する

下流域では、降海型の大型モンスターが釣れることがあるので、このような締め方も覚えておくと、小型〜大型魚まで対処できるようになります。

05
氷による温度差ショックで締める

Ice


クーラーボックスを用意して氷水をつくり、釣ったらそのまま入れて温度差ショックで凍死させます。「氷締め」といい、渓流魚などの小型魚でおすすめな締め方です。氷はコンビニで購入したり、事前にペットボトルに水を入れ冷凍で凍らせておくなどの方法があります。

  • STEP.1

    クーラーボックスに氷水を作り、キンキンにする

  • STEP.2

    釣ったらビニール袋に入れ、氷水に入れる。(魚に直接水を当てない)

釣った魚は、すべてビニール袋に包んでおくとよいです。ヤマメ、イワナは長時間水に浸けてしまうと味が落ちてしまいます。ニジマスは、体表のヌメりが多いので水分が体内に行き渡りにくく、多少長く浸けていても大丈夫です。帰るときは、氷水を捨てていきます。

アングラー
アングラー
氷水に入れるだけだから時間がかからず、釣りに集中できるぞ。

管理釣り場などでのフィッシングやアウトドアに最適なクーラーボックス!

コンパクトで軽量のため持ち運びやすく、小物釣りに最適なサイズのクーラーボックスです。

重量 1.7kg
容量 8L
内寸 15 × 28 × 19cm
外寸 23 × 35 × 25cm

06
魚が暴れる場合の対処法

Hit

締めるときに魚が暴れてうまく対処できない場合は、デコピンをして失神させます。脳天を刺すときと同様に目と目の間の上を狙うようにします。木の棒や岩、ナイフの背などで頭を叩くのも効果的ですが、あまり強く叩くと頭の傷が腐敗の原因になるので気をつけます。衝撃を与えて動かなくなったら、ナイフやハサミでハラワタやエラを処理しましょう。

魚の締めはもちろん、PEラインなども切りやすい万能ハサミ!

握りやすさを追求したハンドル形状と、魚が滑りにくいギザ刃で使いやすいハサミです。

型番 CT-524P
サイズ 195 × 82 × 12mm
ニャンきち
ニャンきち
お魚が暴れると、仕掛けが切れたりするんだニャ!注意ニャ!

07
ハラワタ取りの方法

After

締めた後は、最終的にエラやハラワタをすべて取り除きます。しっかり処理することで生臭さが身に移るのを防ぐことができます。管理釣り場の場合は、用意されている処理場で処理をします。ハラワタはナイフやハサミを魚のお尻に刺して、お腹をエラまで裂き取ります。ハラワタを取った後は背中に血合いがあるので、包丁や親指で削ぎ落とします。エラは、左右のエラの付け根(アゴ部分)を切るとエラが出るので、そのままむしり取ります。

08
割り箸でハラワタを取る「ツボ抜き」

No cut

「ツボ抜き」という割り箸を使ったハラワタ取りがあります。締めた後に、二本の割り箸を口から腹の奥にかけて入れます。そのまま魚を3回転ほど回転させた後に、エラとハラワタをまとめて引き抜きます。割り箸は口からエラの外側を通して腹の奥まで入れるようにします。


渓流魚では、ナイフなどを使って処理するのが主流ですが、このような方法も覚えておくとよいです。

アングラー
アングラー
割り箸をしっかり固定して、魚を回転させよう。

MEMO

ハラワタを捨てるのは川?山?

ネイティブな渓流や源流で処理したエラやハラワタは、川の中ではなく山の中に捨てるようにします。山の中に捨てることで、昆虫や小動物の餌になります。川の中に捨ててしまうと、エラやハラワタは分解されないので川を汚してしまいます。加えて血などの臭いは、他の渓流魚の警戒心を高めてしまう可能性があります。

管理釣り場の場合は処理場があるので、各釣り場の適切な場所に捨てるようにしましょう。

09
上手な持ち帰り方

Take out


持ち帰るときは、クーラーボックスに用意すると便利です。魚と一緒に保冷剤や氷などを入れます。重ねず、1匹ずつ分けて袋に包むと痛みにくくなり臭い移りも軽減できます。氷焼や冷えすぎて死後硬直が早くならないために、保冷剤等の上に新聞紙などを敷いておくとよいです。

クーラーボックス

  • POINT

    持ち運ぶための保冷に優れた容器

ビニール袋

  • POINT

    魚を水や氷に直接触れるのを防ぐ

新聞紙

  • POINT

    魚を冷やしすぎないためのクッション

保冷剤や氷

  • POINT

    冷やして腐敗を抑える(冷え過ぎ厳禁)

氷はコンビニで購入し袋のまま入れておくと、溶けた後の水こぼれの心配がありません。

管理釣り場の場合は、塩焼きにしてもらうことができます。生の状態で持ち帰らず、一度火を通すのも方法のひとつです。クーラーボックスが必要になりません。焼き魚の臭いがでるので、臭い移りに注意しましょう。

10
手に付いたガンコな臭いを落とす方法

Smell

魚の下処理をすると、手に魚の生臭い臭いが付いてしまうことが多いです。普通の石鹸では臭いがなかなか取れず、不快に感じることがあります。そんなときは、あらかじめ専用の石鹸を用意しておくと便利です。臭いが取れ、その後の食事などの行動が快適になります。

半永久的に使うことができる脱臭専用石鹸!

ステンレスと水と空気の触媒反応を利用した石鹸です。ステレンスなので錆びにくく半永久的に使える逸品です。使う時は、普通の石鹸と同じように流水で使います。魚の下処理をした後の手におすすめです。

重さ 87g
素材 ステンレス

魚市場や魚屋さんで使われている消臭剤!

車の中やタックルボックス、クーラーボックスの臭いを消すときはスプレータイプが便利です。イオンパワーで瞬感消臭してくれます。

サイズ 90 × 50 × 190mm
内容量 300ml

11
まとめ

Summary

渓流魚を釣ったら適切に締め持ち帰ることで、鮮度を保ち美味しく食べることができます。氷締めは小型魚に最適で手軽にできるので、初心者の方にもおすすめです。持ち帰ることを前提にしている場合は、クーラーボックス、氷など万全の準備をしていきましょう。

「渓流魚」関連まとめ!見分け方から下処理の方法まで! 渓流魚に関連する記事をまとめています。渓流魚の見分け方から、ハラワタの取り方、持ち帰り方など、釣り上げた渓流魚の扱い方をチェック...
ジョン
ジョン
持ち帰るときは、冷やして持ち帰るのがベストなんだワン!お魚をできるだけ苦しませないように締め方は習得してほしいんだワン!
ニャンきち
ニャンきち
美味しく食べてほしいんだニャー!
ティーチャー
ティーチャー
このページにでてきた用語のおさらいでやんす。覚えてるでやんすか?
ティーチャーの用語チェック
締める 魚を即死させ死後硬直を遅らせること
野締め 魚を自然死させること
関連記事