FISHING

渓流釣りの禁漁って?

渓流釣りは、通年その川で釣りをすることはできません。禁漁期間があり、ヤマメやイワナなど渓流の資源保護をするための期間があります。守らないと罰則もあるので知っておきましょー。

ジョン
ジョン
どうも、オレですワン!禁漁期間中は絶対釣りをしちゃダメワン!来シーズンに元気なヤマメさんに会えなくなるかもだワン!


禁漁期間は、基本10月から2月末までが多いです。漁協によって期間が多少ズレるかもしれないので、その川の禁漁期間を確認しておきます。

02
禁漁をする理由

Reason


禁漁をする理由をする理由は、渓流の資源保護にあります。ヤマメやイワナなどは10月頃から産卵の準備をはじめ11月にかけて産卵をします。そして、3月にかけて成長していきます。この渓流魚たちの産卵から成長までを邪魔しないようにします。

もし、この時期に釣りをしてしまうと卵をもったヤマメなどが減ったり産卵した卵を踏みつけてしまったりと、翌年の魚数に大きな影響を及ぼします。必ずルールを守り禁漁期間は川に入るのは止めましょー。

管理釣り場でもヤマメ・イワナの放流が禁止になりニジマスのみになったりします。ヤマメ、イワナ釣りをする時は事前確認します。

アングラー
アングラー
ヤマメやイワナたちが落ち着いて産卵できるように協力しよう。

03
禁漁期間に釣りをすると罰則

Penalty

禁漁期間に釣りをすると、厳しい罰則があり警察沙汰になります。規則は各漁協により定められています。

  1. 6ヶ月以下の懲役、もしくは10万円以下の罰金
  2. 釣り具を没収

上記は一例ですが、「知らなかったから…」では許されません。モラルをしっかり持ちましょー。

04
管理釣り場やエリアトラウトを利用

Facility

禁漁期間に入ってから釣りをする場合は、管理釣り場やエリアトラウトを利用するとよいです。ターゲットは、ニジマスに絞られますが楽しむことができます。エリアトラウトは、通年営業している場所もあるので利用してみるとよいです。タックルのメンテナンスや来シーズンに向けての準備期間にするのもよいですね。

05
マナーを持ち思いやりのある釣り人に

Manner

川の豊かな資源を守るためにもマナーは守りましょー。禁漁期間でなくても、稚魚を釣った場合は速やかにハリを外してあげリリースしてあげます。釣り人の魚や川への思いやりが大切です。

管理釣り場
管理釣り場
自然の渓流を利用している管理釣り場でも、ヤマメの稚魚が釣れる場合があるよ。稚魚はリリースしてあげよう。

06
まとめ

Summary

ジョン
ジョン
禁漁期間に入っても、管理釣り場やエリアトラウトで釣りができるワン!安心だワン!
ニャンきち
ニャンきち
ヤマメさん、イワナさん、しばしのお別れなんだニャ…。
関連記事