NOTES

包丁の切れ味は、食材の味を変える!そのメカニズム!

肉や野菜、魚をさばいた時に「なんか切りづらいけど、切れるからいーや」と思ったりしていませんか?実は、包丁の切れ味は材料に大きく影響します。切れ味のよい包丁は材料の味を最大限に生かし料理を美味しくします。ぜひ、知っておきましょー。

ジョン
ジョン
お肉がズルズルすべって切れないワン…。なんかストレスだワン。どうも、オレですワン!切れやすい包丁は、料理を楽しくするワン!材料にもよいことばかりなんだワン!

包丁の素材は、主に「鋼」と「ステンレス」の2つがあります。鋼の包丁は切れやすいですが錆びやすく適切に手入れしないといけないのでプロ向けの包丁です。ステンレスは切れにくいイメージですが、今や切れやすいものが流通していて錆びにくいです。多少手入れをしなくても切れ味は保たれるので使い勝手がよく家庭向けの包丁です。

鋼包丁 ステンレス包丁
プロ向け 家庭向け
錆びやすい 錆びにくい
切れ味よい 切れ味よい
適切に手入れしないと錆びて切れにくくなる 多少の手入れをしなくても切れる

家庭向け包丁でも切れ味のよい包丁は多くあります。切れ味のよい包丁を使うことで材料を「完全に切る」ことでき、料理を美味しくすることができます。

02
材料が長持ちする

Keep

切れ味のよい包丁で材料を切ると、切った断面がデコボコせず平らになります。平らになることで空気があたる面積が少なくなるので酸化が遅くなり材料が長持ちします。

03
材料とフライパンが密着する

Close

切った断面がキレイな平らのお肉をフライパンで焼くと、肉とフライパンの間に隙間がなくなり密着します。そうすることで表面全体が均等に焼け肉汁を中に閉じ込めることができジューシーになります。断面がデコボコのお肉だと、お肉とフライパンの隙間から肉汁が逃げてしまいます。

04
舌に断面が直接あたる

Directly

オレンジなどの果物を手で剥くのもよいですが、切れ味のよい小型の包丁で皮を切り落としてあげます。そうすることで余計な皮や筋がなく果肉のみが直接舌にあたり果汁がでるので、果物本来のジューシー感が味わえます。

05
調味料を余分に吸い込まない

Seasoning

刺身の断面をキレイに切ると、醤油をつけた時に余分吸い込まないので調味料の味が濃くならず刺身の味を味わうことができます。口に入れた時に刺身と舌が密着するので、舌触りがよく魚本来の味を楽しむことができます。空気にあたる面積が少ないので酸化も遅くなります。

06
材料の細胞を刺激しない

Stimulation

たとえばタマネギを切った時に目から涙がでるのは、細胞を潰してしまっているためです。切れ味がよければ、細胞を潰すことが少なくなり涙を流すことがなくなります。

07
見た目をキレイする

Beautiful

魚やトマトなど柔らかいものを切った時に、潰れず角がしっかり立ち見た目をキレイに切ることができます。いくら美味しくても
見た目が残念だと食べる気持ちが下がってしまいますよね。

08
まとめ

Summary

ジョン
ジョン
キレイな断面は触るとツルツルなんだワン!材料の断面をキレイにすることは味や調理に大きく影響するんだワン!
ニャンきち
ニャンきち
せっかく食べるなら美味しく食べたいニャ!
関連記事