FITNESS

スポーツバッグの選び方!おしゃれで大容量なバッグは?

スポーツバッグは、収納性に優れスポーツやジム通いなどで活躍する人気アイテムです。デザイン性にも優れているので、カジュアルな服装にあわせやすく、幅広く活用できます。そんなスポーツバッグを選ぶときに、チェックしておきたいポイントをご紹介します。


スポーツやジム専用のスポーツバッグを用意しておくと収納や移動がラクになります。専用のスポーツバッグを用意しないと、容量不足で扱いにくかったり、その都度中身を入れ替えたり手間がかかってしまいます。機能性に加えて、スポーツブランドのバッグはデザイン性に優れているものが多く、カジュアルな服装にもお洒落にあわせることができます。当然、スポーツウェアとの相性も抜群です。

  • 容量不足で収納に手間がかかる
  • ファッション的にイケてない

イケてる見た目は、モチベーションを上げてくれ、自身を魅力的にみせてくれます。デザイン性に優れたスポーツバッグであれば、トレーニング後に、そのまま買い物や食事にも出かけることができます。ぜひ活用してみることをおすすめします。

ジョン
ジョン
オシャンティーなバッグでモチベーションアップだワン!

02
バッグのタイプ

Type


スポーツバッグのタイプは、リュック・バックパックやボストンバッグのタイプがおすすめです。収納するアイテムや用途に合わせて選ぶようにするとよいです。

ジム用ならリュック・バックパック

リュックタイプは、ジム用におすすめです。機動性が高く両手がフリーになるので、徒歩や自転車などの移動に最適です。ジム後の食事や買い物にも出かけやすいスタイルです。

スポーツ用ならボストン・ダッフルバッグ

ボストン・ダッフルバッグタイプは、サッカーやバスケなどのスポーツ用におすすめです。開閉口が大きく大容量なので、球技のボールも収納できます。複数のポケットを搭載しているタイプが多く、整髪剤や着替えなどのアイテムもたっぷり収納できます。

03
容量

Capacity


スポーツバッグの容量は、シューズも収納できる大容量がおすすめです。全てのアイテムが1つにまとめられ、両手がフリーになるので快適です。シューズバッグを用意するのは荷物になるのでおすすめできません。ジム通いでシューズを収納する場合は、30ℓあると安心です。有料の専用ロッカーを使用してシューズや小物をジムに置く場合は、20ℓ〜の容量で最小限に抑えることもできます。60ℓくらいの大容量であれば、サッカーやバスケなどのボールも収納できるので、スポーツに最適です。

容量の目安

20ℓ ジム・トレーニング(専用ロッカー使用)
30ℓ ジム・トレーニング
60ℓ 野球・サッカー・バスケなどのスポーツ

収納ポケットが複数用意されていると、小物をスッキリまとめられます。整髪剤、制汗剤、洗面アイテム、着替えなども収納したい方はチェックしてみましょう。

ニャンきち
ニャンきち
収納したいアイテムを一度整理してみるニャ!

04
機能

Function


スポーツバッグは、容量に加えて機能もチェックしておきましょう。とくに、リュック・バックパックはポイントを抑えておくことで、より快適に活用できます。

撥水加工

撥水加工されていると、急な悪天候でもバッグ内のアイテムを雨や水からドライに守ることができます。バッグも中身も水濡れするとストレスになり、スポーツやトレーニングができなくなってしまうので、ぜひチェックしておきたいポイントです。

収納ポケット

複数の収納ポケットが搭載されていると、貴重品などの小物を分けて収納できるので出し入れがラクになります。整髪剤や制汗剤など使う方は、ポケットの有無や数を確認しましょう。

背面の通気性

リュックタイプの場合、背中とリュックの接地面は蒸れやすく汗だくになりやすいです。とくに、春や夏の気温が高い季節は大変です。背中との接地面が通気性に優れた構造になっていると、長時間の移動でも蒸れを抑えてくれるのでストレスがありません。

底部の耐摩耗性

スポーツバッグは地面に置くシーンが多く、そのため地面との摩擦で底部がキズがつきやすいです。底部が耐摩耗性に優れた構造になっていると、安心して地面に置くことができます。さらに底部がフラットになっている構造であれば、置いたときに傾いて倒れないのでロッカーなどの収納がラクになります。

ニャンきち
ニャンきち
背中は、よく汗で蒸れるんだニャ…。

05
収納しておきたいアイテム

Item

スポーツバッグは、メインスペースの他に複数のポケットが搭載されています。貴重品などのアイテムを小分けにして収納できるので、取り出しがラクになります。収納ポケットを、ぜひフル活用しましょう。

アイテム例

整髪料 シャワー後のヘアセット
制汗剤 汗による体臭予防
スポーツタオル 汗による肌のベタつき予防
シェイカー プロテインや水分補給
手袋 冬の防寒対策

スポーツタオルは、たくさん汗をかく運動を快適にするために必須なアイテムです。さまざまなタイプがあるので、あわせてチェックしておきましょう。

06
ナイキ

Nike

ナイキは、スポーツブランドで誰もが知っているブランドです。スポーツやジムで多くのユーザーに愛用されています。スタイリッシュなデザインが秀逸で、ギフトにも喜ばれます。

快適性を高めるパッド入りの背面に加え、多機能なストラップシステムを搭載!

優れたデザイン性と収納性に、控えめのロゴがおしゃれなナイキのバッグです。複数のポケットも搭載されているので、必要なギアの持ち運びに最適です。

サイズ 54 × 33 × 18cm
容量 26l

優れた耐久性に大容量のメインスペース!パッド入りショルダーストラップで持ち運びが快適!

必要なギアを多く収納できるメインスペースに加え、外側には複数のポケットが搭載されているので幅広い用途に活用できます。

サイズ 64 × 30 × 30cm

07
アディダス

Adidas

アディダスは三本ラインがトレードマークで、カジュアルファションにもあわせやすいデザインが多いです。女性にも人気なブランドです。

荷物をラクラク収納!撥水性が高いコーティング生地を採用しているから雨の日も安心!

大きく開く開口部によって、アイテムの出し入れがラクなので快適です。撥水性が高いコーティング生地を採用しているので、突然の悪天候にも中身を水濡れから守ってくれます。

サイズ 32 × 48 × 19cm
容量 31l

タフで耐摩耗性に強い生地を採用!3Way仕様で、サイドにはシューズルームを搭載!

バックパック、ショルダーバッグ、ダッフルバッグの3つのスタイルで持ち運びができます。シューズを別納できるスペースや、ペットホルダーが搭載されているので便利に活用できます。

サイズ 29 × 60 × 28cm
容量 41 – 50l

08
プーマ

Puma

プーマやナイキやアディダスと並ぶ人気ブランドです。斬新なデザインが多く、ロゴのプーマキャットがおしゃれに魅せてくれます。

撥水コーティング素材と耐久性の高いポリエステルをあわせた高機能なバックパック!

撥水加工と耐久性を備えているので、使い勝手のよいバックパックです。控えなロゴデザインで、カジュアルな服装にもあわせやすいです。

サイズ 45 ×30 × 16cm
容量 31 – 40l

PUMAロゴをエンボスした洗練されたデザイン!U字型の開口部で荷物の整理がスムーズ!

サイドにシューズ収納スペースが搭載され、底面は耐久性の高い素材が採用されています。エンボス加工されたPUMAロゴがオシャレなバッグです。

サイズ 31 × 64 × 21cm
容量 40l

09
アンダーアーマー

Under Armour

アンダーアーマーは、トレーニングウェアなどで有名なブランドのひとつです。ジムやフィットネスで人気があり、スポーティーな印象を与えてくれます。

撥水加工で雨や水からドライに守る!6つのポケットで収納性抜群!

バックパネルよって背中の通気性がよく汗濡れを抑えてくれます。大容量に加え、前に背負ったときも開閉しやすい設計で快適です。

サイズ w37 × d17 × h52cm
容量 30l

上下の収納が分離されているからシューズの出し入れが快適!ジム通いにおすすめ!

大容量で複数のポケット搭載で収納力に優れています。撥水加工で貴重品も安全に収納でき、底部も耐摩耗性に優れた仕様になっているので安心です。

サイズ d23.1cm × w30.4cm × h49.5cm
容量 31l

ウェアやシューズ、ボールもひとまとめに!スポーツに便利なサイズのボストンバッグ!

ウェアやシューズに加え、スポーツ器具や用具も収納できる容量を備えています。小分けできるポケットも豊富で、サッカーやバスケなどの球技にもおすすめです。

サイズ 63 × 32.5 × 34cm
容量 61l

10
まとめ

Summary

スポーツバッグ選びは、大容量で1つにまとめられることがポイントです。加えて撥水加工であれば、急な悪天候にもウェアや貴重品などを守ることができるので安心です。スポーツやジムトレーニングをする方には、おすすめのアイテムです。デザイン性にも優れモチベーションもアップさせてくれるスポーツバッグを、ぜひ手にとってみましょう。

ジョン
ジョン
スポーツバッグは、ただのバックじゃないワン!
ニャンきち
ニャンきち
スポーツやジムに行く人は、ぜひ持ってみるニャ!
ティーチャー
ティーチャー
このページにでてきた用語のおさらいでやんす。覚えてるでやんすか?
ティーチャーの用語チェック
バックパック 背中に背負うバック
関連記事