FISHING

タックルのメンテナンス方法!

釣り道具は、使った後にメンテナンスをすることで道具が長持ちします。次に使うときもトラブルを防ぎ快適に使うことができます。「めんどっちー」と思ってもしっかりお掃除してあげましょー。

ジョン
ジョン
どうも、オレですワン!道具のお手入れは大事なんだワン!トラブルの予防にもつながるワン。大切に使ってほしいんだワーン!

01
ロッドのメンテナンス

Rod

ロッドは、使い終わったら柔らかい布で汚れをしっかり拭き取ります。砂利など硬い汚れが付いた場は拭くと塗装面が傷つくので、水で流して落とします。雨などで濡れた場合は水分を拭き取ってから仕舞いましょー。海釣りの場合は、一度水洗いをすると金属部分が錆びるのを防ぐことができます。

  1. 汚れを柔らかい布で拭き取る・水で流し落とす
  2. 水分をしっかり拭き取り、陰干しして乾かす
原因 トラブル
水分 塗装面が水ぶくれになりやすく、金属部分が錆びやすくなる。竿の節が固着しやすくなる。
汚れ 竿を傷つけやすくなり、ヒビ割れや竿を折ってしまう原因につながる。
日向干し 樹脂の劣化や塗装の色素変色が起きる。

02
リールのメンテナンス

Reel

リールは、使い終わったら水分と汚れを軽く拭き取り、帰宅してからしっかりメンテナンスをしましょー。柔らかい歯ブラシを使うと細かい部分まで洗うことができます。エアスプレーを使うと、拭けない細かい溝の水分を取ることができます。

  1. ドラグを締め、中に水が入らないようにする
  2. 冷たい流水で、指の腹を使って汚れを落とす
  3. リールを回転させて遠心力で水分を飛ばす
  4. 残りの水分を柔らかい布で拭き取り、陰干しして乾かす
原因 トラブル
水分 グリスなどの潤滑油が劣化してしまい、故障の原因になる。
汚れ ローラー系の回転が悪くなり糸ヨレが起きやすくなる。
日向干し 樹脂の劣化や塗装の色素変色が起きる。

03
ルアーのメンテナンス

Lure

ルアーは、メンテナンスを怠ってしまうとボディの劣化やフックが錆びてしまいます。水(塩分)に濡れたまま保管すると未使用のルアーも影響を受けてしまう可能性があるので気をつけましょー。フックが錆びてしまうと、魚を掛けた時に、曲がりやすくなったり折れやすくなりバラすリスクが高くなってしまいます。

  1. 使ったルアーを別容器に入れしまう。
  2. 水洗いで、じゃぶじゃぶ洗う
  3. 水をしっかり拭き取り、陰干しにして乾かす
原因 トラブル
水分 塗装の劣化やフックの錆につながる
日向干し 塗装の色素変色が起きる。

04
まとめ

Summary

ジョン
ジョン
シーズンが終わり、しばらくタックルを保管しておく時は、必ずお手入れをしておくんだワン!そうすれば来シーズンも安心して使えるワン!
ニャンきち
ニャンきち
水はしっかり拭き取ってニャ!
関連記事