FISHING ITEM

釣り用ライフジャケットのおすすめ!知っておきたい種類や使い方!

ライフジャケットは、釣り人の命を守る大切なアイテムです。海釣り、川釣り、船釣り、ボート釣りなど、万が一落水してしまった場合に、生存率を大きく左右します。ぜひ、釣行場所の水深が深い場合は、準備しておくことをおすすめします。

ライフジャケットがないと、万が一水深の深い場所に落水したときに命の危険から守ることができないかもしれません。海釣りや川釣り等の釣りでは、足を滑らせたり、つまづいて落水してしまう危険があります。船釣りやボート釣りでも、揺れでバランスを崩し落ちてしまうかもしれません。服を着たまま落水すると泳いだり浮き続けるのがとても困難になります。

  1. 服を着たままだと浮きづらい
  2. 泳ぐのが困難で体力を大きく消耗する


とくに川での落水は、海と違って塩分濃度による浮力が働かないので危険度が増します。水難事故で、もっとも多い原因は釣りです。ライフジャケットを準備することはとても重要です。

02
生存率の違いって?

Persent

国土交通省によると、ライフジャケットの非着用時と着用時での生存率は2倍以上というデータがあります。非着用時では、生存率は27%、死亡率は73%です。着用時は、生存率は60%、死亡率は40%になります。ライフジャケットを着用することで生存率を大きく左右することがわかります。

03
種類

Type

ライフジャケットの種類には、主に浮力体式と膨張式があります。装着する箇所は、ジャケット型や肩掛け型、腰巻き型などがあります。

浮力体式(ふりょくたいしき)

浮力体式は、浮力を持つプラスチックなどの浮力材が装着されています。何かをする必要はなく、落水した時に瞬時に浮力が働きます。ライフジャッケットのスタンダードなタイプです。

膨張式(ぼうちょうしき)

膨張式は、炭酸ガスなどボンベが装着されています。形式は、手動膨張式と自動膨張式があります。

手動膨張式 ライフジャケットに付いたヒモを引くことで膨張するタイプ。
自動膨張式 水に反応してライフジャケットが自動で膨張するタイプ。

手動タイプは、パニックなどに陥ったときに発動できないリスクがあるので泳ぎに自信がある方に向いています。泳ぎに自信のない方は、水に反応し自動発動する自動膨張式がおすすめです。自動膨張式は、雨や水濡れで誤作動しないように気をつけます。

04
桜マークやCSマークって?

Sakura And CS


国土交通省により平成30年2月以降、小型船舶の乗船者にライフジャケット承認品の着用が義務付けらています。着用しないと法令違反となります。船舶を利用した船釣りのときは注意が必要です。

桜マーク

国土交通省により安全基準を合格したライフジャケットには、「桜マーク」(型式承認試験及び検定への合格の印)があります。ジャケットの浮力が7.5kg以上で、顔を水面より上に維持できるかなど安全基準を満たしています。船舶に乗船するときは、このマークが付いていることが必須となります。

CSマーク

日本小型船舶検査機構(JCI)の検査を合格したライフジャケットには、「CSマーク」があります。レジャー用として、一定の安全基準を満たしています。船舶を利用する船釣りには使用できないので気をつけます。日本小型船舶検査機構は、国の代行機関で小型船舶に関わる検査や登録測度など行っています。

ライフジャケットのタイプ

船舶で着用するライフジャケットに桜マークを確認したらタイプも確認します。このタイプによって使用可能な船舶が定められています。確認しないと、利用する船舶に適合していないことで違反になります。船釣りで使用する場合は、「タイプA」を選ぶようにします。

タイプ 使用可能な船舶
A すべての船舶
D 陸岸より近い水域のみを航行する旅客船・漁船以外の小型船舶
F 陸岸より近い水域のみを航行する不沈性能、緊急エンジン停止スイッチ、ホーンを有した小型船舶(水上バイク等)でかつ旅客船・漁船以外のもの
G 湾内や湖川のみを航行する不沈性能、緊急エンジン停止スイッチ、ホーンを有した小型船舶(水上バイク等)でかつ旅客船・漁船以外のもの

※国土交通省HPより引用

05
安全な浮力って…

Float

レジャー用ライフジャケットには、L1やL2などの表記がされているものがあります。これは、日本小型船舶検査機構により定められた浮力の規格です。釣行場所に適しているか必ず確認します。不安な場合は、1ランクの上の規格のジャケットを選ぶことをおすすめします。

大人用

ランク 浮力 使用環境
L1 11.7kg以上 磯、防波堤
L2 7.5kg以上 磯、防波堤、筏(いかだ)・カセ、海釣り施設、サーフ・河口域、淡水域の岸釣り
L3 5.85kg以上 筏(いかだ)・カセ、海釣り施設、サーフ・河口域、淡水域の岸釣り

子供用

ランク 浮力 体重
7.5kg以上 40kg以上
LC1 5kg以上 15kg以上40kg未満
LC2 4kg以上 15kg未満

06
おすすめレジャー用ライフジャケット

List

磯釣りや湖川の釣りには、フローティングベストがおすすめです。浮力材の搭載に加え、収納機能にも優れています。フローティングベストは、ほとんどがレジャー用なので船舶を利用する船釣りでは使用できないので注意します。

衝撃吸収剤や収納に優れ、移動しながら魚を狙うアクティブな釣り人におすすめ!

浮力材 ポリエチレン独立発泡
浮力 7.5kg
サイズ フリー

高い収納性と機動性を備え、着心地をアップするパワーホールディングシステムを搭載!

浮力材 独立発泡材
浮力 7.5kg以上
サイズ フリー

プライヤーやレインウェアなどを収納できる機能を備え、機動性に優れた多機能なベスト!

浮力材 発泡ポリエチレン
浮力 7.5kg
サイズ 100cm〜150cm

胴体をしっかりホールドするスポーツタイプのライフジャケットで、国交省認定品と同等浮力フローティングベスト!

浮力材 ポリエステル
サイズ S/M/L/XL/XXL/XXXL

07
おすすめ肩掛け型ライフジャケット

List

肩掛け型ライフジャケットは、首、肩に掛かるので安定した姿勢で浮くことができます。釣行中の動きでズレたり制限がでてしまうことがあります。

首まわりは肌触りのよい速乾メッシュ素材で、動きに制限されることなく快適に釣りができる!

形式 手動・自動膨張式
浮力 7.5kg
サイズ 最大130cm
認証取得 桜マーク
タイプ A

08
おすすめ腰巻型ライフジャケット

List

腰巻型は、ベルトのように巻くのでコンパクトに収まります。釣行中も動きやすいです。発動時は、浮き輪のようなイメージなるので、安定した姿勢を得るには自分でコントロールする必要があります。

ウエスト55cm~140cmと幅広く対応、ボンベとカートリッジの装着状態が一目でわかるダブルインジケーター搭載!

形式 手動・自動膨張式
浮力 7.5kg
サイズ 55cm~140cm
認証取得 桜マーク
タイプ A

落水センサーが水分に反応して自動で膨脹、収納もコンパクトで機動性と快適性が大幅にアップ !

形式 手動・自動膨張式
浮力 7.5kg
サイズ 60~105cm
認証取得 桜マーク
タイプ A

反射板やホイッスルも付いて安心、膨張完了までわずか5秒!

形式 手動膨張式
浮力 11.7kg
サイズ 65~110cm
認証取得 CEマーク

腰巻タイプで簡単に装着、ベルト式でバックルをカチッと装着するだけ!

形式 手動・自動膨張式
浮力 11kg
サイズ 55cm~120cm
認証取得 CEマーク、ECマーク、CCSマーク

09
浮力だけでは安心できない?

List

ライフジャケット着用時に、もしも落水して浮力を発動させても安心はできません。自力で陸に上がれない場合は、人に気づいてもらう必要があります。浮いているだけで体力を消耗しなくても、冷たい海水によって体温が下がり衰弱してしまう可能性があります。人を呼ぶにも、広い海で声を届かせることは困難です。そんなときのために笛を備えておくとよいです。

ダブルチューブで、弱く吹いても高い音が出るからかなり遠かせることができる防災笛!

首に下げたりポケットに入れたりしても邪魔にならないサイズで、携帯性にも優れています。釣りをはじめ、キャンプやアウトドアの「もしも」の時のために持っておきたいアイテムです。

用途 遠足、登山、キャンプ、釣り、ハイキング、旅行、トレッキング、スポーツなどの緊急時

ステンレス製で錆びにくく、大歓声の中でも響き渡る大音量のホイッスル!

ネックストラップ付きで、最大120dbに達する音を出すことができるホイッスルです。120dbは「飛行機エンジンの近く」に相当する音になります。

用途 遠足、登山、キャンプ、釣り、ハイキング、旅行、トレッキング、スポーツなどの緊急時

10
浮力は永久的ではない…

Mentenance

ライフジャケットが、いざというときに膨らまなかったり膨らみが弱くなっていたりしないように定期点検を必ず行うようにします。自動膨張式ではボンベやカートリッジをチェックします。必要に応じて別途ボンベを購入し交換します。

  1. ボンベの交換
  2. 水を感知するカートリッジの使用期限
  3. 浮力材の気泡壊れによる浮力低下

発泡素材の浮力材も、着用時の屈折などの圧によって気泡が壊れていき浮力が徐々に低下していきます。2〜3年を目処に買い替えることをおすすめします。扱いが不安な方は、釣具店に持っていきメンテナンスを依頼するとよいです。

11
まとめ

Summary

船舶に乗船して釣りをするときは、ライフジャケットに桜マークの有無やタイプを確認するようにします。海や川のオカッパリでも、万が一のためにライフジャケットを装着しておくと安心です。とくに川は、塩分濃度による浮力が働かないので泳ぎに自信のある方も注意しなくてはいけません。「後悔先に立たず」なので、ぜひ準備しておくことをおすすめします。

ジョン
ジョン
ライフジャケットは浮力のほかにタイプがあるんだワン!知らなかったワン!
ニャンきち
ニャンきち
安全第一ニャ!危険な場所での釣りはしないでニャ!
ティーチャー
ティーチャー
このページにでてきた用語のおさらいでやんす。覚えてるでやんすか?
ティーチャーの用語チェック
桜マーク 国土交通省により安全基準を合格した印
関連記事