FISHING ITEM

バス釣りベイトロッドの選び方!カバーを撃ち抜くロッドは?

ベイトロッドは、ヘビカバーを狙いモンスター級のバスに対抗できるロッドです。スピニングロッドでは対応が難しいパワーゲームを得意とします。そんなバス釣りのベイトロッドの選び方をご紹介します。

バス釣りのルアーロッドは、スピニングロッドとベイトロッドがあります。ベイトロッドは、ベイトリール専用の釣り竿になります。重いルアーでモンスタークラスを狙うバス釣りに適しています。スピニングロッドよりも扱いが難しいですが、スピニングロッドでは狙えないヘビーカバーなどを狙うことができ、大型バスにも対処できます。リールシートやガイドが上向きになっていて、リールシートの下部にはトリガーが付いています。ガイドは小さく短い間隔で多く付いています。

ベイトロッド

  • SPEC

    重いルアーの扱いやカバーゲームに最適

  • PONIT

    ガイドが小さく上向きで、トリガーが付いている

スピニングロッドかベイトロッドかを判断するときは、このようなポイントを確認して選びましょう。

ニャンきち
ニャンきち
トリガーがあることで、ベイトリールが持ちやすくなるニャ!

MEMO

ベイトロッドにスピニングリールって?

ベイトロッドにスピニングリールは、モデルによっては装着できることがあります。しかし、トリガーが手にあたり使いづらくなります。ガイドも小さく螺旋状に放出されるスピニングリールと噛み合わないためライントラブルも起きやすくなります。パフォーマンスを発揮するためにもベイトリールを装着しましょう。

02
ベイトフィネス

Bait Finesse

ベイトタックルは、そのパワーで重いルアーを扱うことができ、カバーなど強い抵抗が発生する釣りを得意とします。そのため軽量ルアーは苦手な傾向にあります。しかし、ベイトリールの進化によって、ベイトタックルでも軽量ルアーが扱えるようになっています。このようなベイトタックルで軽量ルアーやライトリグを扱う釣りを「ベイトフィネス」と呼びます。

ベイトフィネスのタックル

ベイトフィネスは、軽量ルアーやライトリグを太いラインで扱うことができます。思わぬ大物がヒットしても対処できるメリットがあります。

  • LURE

    軽量ルアーやライトリグ

  • ROD

    L、ML

  • LINE

    ナイロン、フロロ、PE

ベイトフィネス用リールは、一般的なベイトリールと扱い方に若干の違いがあるので慣れが必要です。ベイトロッドを選ぶときは、このようなベイトフィネスも視野に入れてみるとよいです。

03
ロッドのテーパー

Taper

ロッドのテーパーは竿の曲がり方をいいます。ロッドの先端で曲がりきつくなるのはファーストテーパー、ロッドの胴で大きく曲がるのがスローテーパー、その中間をレギュラーテーパーといいます。この曲がり方は、ルアーアクションに影響します。

ファースト

  • ACTION

    繊細なアクションができる

  • LURE

    軽量のルアーやワームなどが扱いやすい

レギュラー

  • ACTION

    ファーストとスローの中間

  • LURE

    幅広いルアーやワームを扱える

スロー

  • ACTION

    激しいアクションを多用できる

  • LURE

    重いルアーや巻物系が扱いやすい

ファーストは、シェイクなど繊細にアクションさせる「縦の釣り」が得意なので、ワームなどを使用したライトリグに最適です。スローは、激しいアクションをルアーに多用したり「横の釣り」が得意なので、巻物系に最適です。レギュラーは、ファーストとスローの中間なので、汎用性が高く万能に扱うことができます。そのため特長に欠けてしまいます。自分のバス釣りのスタイルにあうテーパーを選びましょう。

04
ロッドの硬さ

Hardness

ベイトロッドの硬さは、ロッドのパワーになります。パワーによって取り付けるルアー重量の範囲や適合ラインが変わってくるので、確認しましょう。自分が扱いたいルアーやカバーに適した硬さを選ぶことで、1級ポイントを攻めることができモンスタークラスのバスを狙えます。ベイトロッドは、重めのルアーや太い糸によるパワーゲームを得意とするので、主にミディアムからヘビーの硬さが主力となります。

ベイトロッド

  • ROD

    ML、M、MH、H、EH

  • LINE

    およそ 8lb 〜 25lb

  • LURE

    およそ 5g 〜 35g

スピニングロッド

  • ROD

    UL、L、ML、M

  • LINE

    およそ 4lb 〜 12lb

  • LURE

    およそ 1.8g 〜 14g

パワーがあるほど、ハスや藻などがひしめいているヘビーカバーを狙うことができます。このようなポイントは、スピニングロッドではパワー不足で攻めることができません。ヘビカバーはモンスタークラスが潜んでいる可能性が高く、ベイトロッドならではの醍醐味を味わうことができます。

05
初心者におすすめのロッド

Beginner

初心者の方は、どんなスタイルでバス釣りをするか整理するとよいです。どんなフィールドで、どんなルアーを使用したいのかを考えてみましょう。それらが決まると最適なベイトロッドが選びやすくなります。

ロッドの長さは、フィールドに影響

  • POINT

    オカッパリやボートでの扱いやすさ

ロッドの長さは、フィールドに影響

  • POINT

    扱いたいルアーの重さやラインの太さ

ロッドのテーパーは、ロッドアクションに影響

  • POINT

    ワームやルアーの扱いやすさ

ベイトロッドは、6 〜 7フィートが主力になります。持ち運びやすい2ピースロッドがおすすめです。ロクテンミディアムが最初の1本としておすすめです。

扱いやすさ重視のロッド

  • 長さ

    6.1フィート

  • 硬さ

    M

  • テーパー

    レギュラー

6.1フィートは、オカッパリをベースにボート釣りでも扱いやすい長さです。Mの硬さであれば、ほどよい柔らかさで粘りがあり、巻物から打ちものまで使うことができます。レギュラーのテーパーは、ファーストとスローの中間なので、扱いづらさがなく汎用性が高くなります。

ニャンきち
ニャンきち
ロクテンは、6ft10inの数字をとった呼び方ニャ!

06
ミディアム(ML、M、MH)の特徴

Medium Rod

Mのロッドは、中間的な柔らかさなので小型ルアーから中型ルアーまで幅広く扱うことができます。バス釣り初心者の方など釣りに慣れていない方は、万能型のミディアムがおすすめです。多くのルアーを扱えるでコストパにも優れます。ミディアムを基準に、よりライトリグを扱うならML、重めのルアーでパワーを求めるのならMHを検討するとよいです。

  • FIELD

    オープンウォーター、カバーエリアなど

  • BASS

    小型〜大型

オープンウォーターからカバーエリアまで狙うことができます。バーサタイルのロッドとしても最適で、1本でランガンする釣行にも活躍します。

07
ヘビー(H、EH)の特徴

Heavy Rod

H、EHのロッドは、ビッグベイトで大型のルアーを扱ったり、ヘビカバーを狙うのに特化しています。よりモンスター級のバスを狙いたい方におすすめです。ロッドの自重が重くなるので、長時間での釣行では疲労も大きくなることを覚えておきましょう。

  • FIELD

    オープンウォーター、ヘビーカバーがあるエリア

  • BASS

    中型 〜 大型

オープンウォーターからカバーがあるエリアまで1本でこなせるので、バーサタイルロッドとして人気があります。

ジョン
ジョン
パワー勝負ニャ!

08
おすすめミディアムロッド

Medium Rod List

高級感と高品質感あるデザイン!幅広いルアーゲームに対応できる!

ブラックバスをはじめ、さまざまな対象魚に対応できます。エントリーモデルとして初心者の方におすすめのロッドです。

全長 6.6ft 継数 3本
ルアー 8 – 12g ライン 10 – 12lb
硬さ ミディアムライト テーパー レギュラー

世界が認めたバーサタイルロッド、多彩なルアーに対応する「ゾディアス」!

バスフィッシングの本場アメリカと日本でテストを繰り返して完成されたロッドです。優れた性能に加え、軽量なので長時間釣行にも活躍します。コスパが高いロッドとして有名です。

全長 6.6ft 継数 2本
ルアー 7 – 12g ライン 10 – 12lb
硬さ ミディアム テーパー ファースト

カバー撃ちに必要な要素を高次元で融合させたロッド!掛けたバスを確実に取り込む!

キャストや操作、フッキングなどバス釣りのあらゆる動きをダイナミックにこなしてくれるロッドです。ヘビーウェイトなルアーを使用したカバー撃ちにおすすめです。

全長 2m 継数 2本
ルアー 7 – 12g ライン 8 – 20lb
テーパー ファースト

09
おすすめヘビーロッド

Heavy Rod List

1つのタックルでさまざまなゲームが楽しめる!オールラウンドなロッド!

ブラックバスをはじめ、ライギョやナマズなども狙うことができます。モンスター戦を楽しみたい中級者〜向けロッドです。

全長 7.3ft 継数 2本
ルアー 10 – 60g ライン PE 〜 10号
硬さ ハード

ビッグベイト&スイムベイトに対応するパワフルモデル!

ルアー重量が3ozまで対応しているので投げやすくビッグベイトをしっかり飛ばしてくれます。軽量化されたロッドで、手元の感度を繊細に感じとれる設計になっています。

全長 7.3ft 継数 2本
ルアー 3/8 ~ 3oz ライン 14 〜 30lb
テーパー レギュラーファースト

10
まとめ

Summary

ベイトロッドはスピニングロッドでは狙いにくいヘビーカバーやモンスター級のバス狙いにおすすめです。繊細なリグを活用できるスピニングロッドとあわせて用意することで、バス釣りの幅が広がります。ぜひ、手にしてみましょう。

ジョン
ジョン
モンスター級のバスを狙うならベイトロッドがおすすめだワン!
ニャンきち
ニャンきち
ヘビーなカバーを狙い撃ちだニャ!
ティーチャー
ティーチャー
このページにでてきた用語のおさらいでやんす。覚えてるでやんすか?
ティーチャーの用語チェック
リールシート リールの装着部分

古い釣具の整理に困ったら!

関連記事