NOTES

水槽のモフモフ生えるコケの種類を知ろう!

ジョン
ジョン
オレ様をコケにしやがってーっ!!どうも、芋プライドが若干高めなオレですワン。水槽内では、一度は発生するであろうコケ。対策や予防をする前に、どんな種類があるので知っておくことは重要ワン。

01
コケが生える原因

Cause

コケは、水槽内が富栄養化した環境ができると発生しやすくなります。主に、考えられるは、

  1. 微生物による浄化能力が低い
  2. 餌や肥料、フンやによって養分が多くなる
  3. 光量が多く光合成が活性化している

水槽内にある養分(硝酸塩など)は、水草による吸収や水換えによって水槽外へと排出されます。ですが、養分が多くなり富栄養化するとコケにまで養分がわたってしまい発生につながります。養分が多くなりすぎないように環境のバランスを整えることが大事です。まずは、環境を見直してみましょう。

項目 リスク
バクテリアが少ない 分解されない物質がコケの栄養となる
水換えをしていない 水中に養分が蓄積される
底床掃除をしていない 沈んだ残餌やフンにより養分が蓄積する
生体の数が多い 餌やフンの増加で養分が増えやすくなる
餌の量が多い 残餌が多くなり、水中に養分が多く流出しやすい
光量が多い、照明時間が長い 光合成が活発化しコケが生長しやすい
水草肥料の添加が多い 水草が吸収しきれない分、コケに養分がわたる
ニャンきち
ニャンきち
まずは、飼育者さんの管理を見直すニャ!

02
主なコケの種類

Type

水槽内で発生するコケは、色々な種類があります。

種類 特徴
アオコ(青粉) 粒子状の藻が漂って水が緑色になり、不快な臭いがする
アオミドロ フサフサした緑色の長いコケ
黒ひげ状コケ 黒色のコケで放射状に広がる
茶ゴケ 茶色のコケで、斑に広がっていく
斑点状藻 緑色の斑点状のコケ
藍藻(シアノバクテリア) 緑色から黒緑色のコケでベトッとしたコケ

03
状況によって発生するコケは違う

Situation

コケの発生は、餌の与え過ぎによる食べ残し、肥料の与え過ぎなどの人工的な要因が原因となる場合が多いです。それらのタンパク質などの成分が水に溶け出し富栄養化につながります。発生するコケによっては、水槽の状況を推測することができるでまずは分析してみましょう。

種類 状況
アオコ(青粉) 魚のフンや餌の食べ残し、肥料による富栄養化
アオミドロ 魚のフンや餌の食べ残し、肥料による富栄養化
黒ひげ状コケ 富栄養化により「リン酸」が多い
茶ゴケ 富栄養化により「窒素」が多い
斑点状藻 富栄養化と光量(照明時間)が多い
藍藻(シアノバクテリア) 魚のフンや餌の食べ残し、肥料による富栄養化

04
対策・予防方法

Measures

コケが発生した場合は、メンテナンスや生体に活躍にしてもらい環境を改善しましょう。

  1. 環境見直し、定期定期にメンテナンスをしっかり行う
  2. 生体に対処、予防してもらう

まずは、環境やメンテナンス方法を改善しましょう。薬品の使用は、生体への影響のリスクがあるかもしれないので、まずは使用しない方法で行ってみるとよいと思います。

改善策 水換えを定期的に行い、底床の掃除をする
餌を2日1回などにして量を減らす
外部フィルターを設置、またはフィルターの掃除をする
生体を水槽分けし、数を調整する
照明時間を調整する(8時間程度)
水草肥料を停止、または減らす
薬品で対処する

生体で対処・予防する場合、エビ類では、ミナミヌマエビやヤマトヌマエビが活躍してくれます。貝類では、フネアマガイやイシマキガイなどが活躍してくれます。

種類 主な生体
アオコ(青粉) 淡水シジミなどの二枚貝
アオミドロ エビ類、ペンシルフィッシュ、ブラックモーリーなど
黒ひげ状コケ サイアミーズフライングフォックスなど
茶ゴケ エビ類、オトシンクルスなど
斑点状藻 エビ類、貝類、オトシンクルスなど
藍藻(シアノバクテリア) エビ類、プレコなど

05
まとめ

Summary

ジョン
ジョン
コケが生えるのは、水槽内が富栄養化になっていたり環境が変化しているサインだワン。日頃の光量や水換えの調整で、コケのリスクを減らすことが大切だワン!
ニャンきち
ニャンきち
いろいろとお助けアイテムもあるニャ!利用すればお掃除がラクになるニャ!
関連記事